太陽が丘
             
      「 太陽が丘周遊半日コース」
ようやく近畿地方も梅雨明け宣言がなされ、いよいよ夏本番ですね。
まさに夏本番という暑さを今朝から感じられ、熱中症に十分な注意が必要です。
今日は、日頃馴染みの深い「太陽が丘」を散策するコースが設定されています。
木々に囲まれた森林浴や時折吹く風の気持ちよさ、街中では味わえない涼を求めて
それでは皆さん、暑さに負けない耐暑ウォーキングにスタートしましょう。

平成28年 7月 19日(火)  
集合時間 午前9時30分
集合場所 宇治市総合福祉会館前広場
行   程
 福祉会館 ⇒ 下居神社 ⇒ 白長神社 ⇒ 太陽が丘宇治側ゲート ⇒ 運動公園中央広場 ⇒ 遊びの森 ⇒ ふるさとの森 ⇒ ふれあいの森 ⇒ 西ゲート ⇒ 琵琶台 ⇒ 福祉会館前 距離(約5Km)

解 散 午後11時45分頃
参加者 一般参加者 27名、 Uji健歩会員 39名  計 66名

オレンジ色のベスト着用の例会担当1班の皆さん、今日は宜しくお願いします。

オレンジのベスト
ぐんぐんと気温が上がっています。自然と木蔭の下へ木の下で
例会開会、会長の挨拶
会長挨拶
担当1班永来さんから、本日の行動内容についての説明
例会コース案内

皆さん、暑さに負けずウォーミングアップストレッチ
ストレッチ
では、出発します
太陽が丘
    今日の参加者の皆さんです
    太陽が丘


太陽が丘

    太陽が丘

太陽が丘

    太陽が丘

太陽が丘

下居(おりい)神社の鳥居をくぐって社へ
下居神社
額田王が『秋の野の み草刈り葺き・・・』と詠んだ「宇治のみやこ」は、この下居神社であったといい、境内にはその石碑が
この歌は、皇極天皇の大和から近江への行幸につきそった額田王の歌と伝えられ、「秋の野の草を刈って、その草で屋根を葺いて泊った、宇治のみやこの仮小屋のことがなつかしく思われる」という意味である。』
   下居神社
社へのお参り
下居神社
1班岡田さんより下居神社縁起の説明
下居神社の縁起によれば、
創造と水と襖の神を祀る。太古の部族神として奉祀されたのが始まりで、折居川畔に開けた集落の古さを示している。

下居神社縁起
下居神社
   白長神社:7月4日火災で全焼し参拝はできませんでした
   白長神社
木蔭路を気持ちよく太陽が丘へ
太陽が丘
木蔭の涼しさで、会話もはずみ、笑顔が
太陽が丘
太陽が丘、宇治ゲートを進行
太陽が丘
   一面緑の芝生や木々に囲まれた球技場
   太陽が丘競技場
暑さで少しでも日蔭を選んで
ty7140.jpg
公園センターで塩分、水分補給の一時休息、汗びっしょり
(残念ながらエアコンは効いていませんでした)
太陽が丘公園センター
来月(8月)の例会、「宇治の南東を歩く」のコース説明を2班の小林さんから
太陽が丘公園センター
   モニュメントの向こう側には宇治市内の展望が
   太陽が丘見晴らし
これから後半のコーススタートです
ty7152.jpg
      牛若丸がモチーフの未来くん
      (1988年の京都国体のマスコット)
      未来くん 
これから森めぐりへ
太陽が丘
   遊びの森の迷路
   遊びの広場
目映いばかりのもみじの緑
ふるさとの森へ
涼しさを感じながら、ふるさとの森を進行
ふるさとの森
ふれあいの森の広場を進行、街中とは数度の温度差があるのでは
ふれあいの森
   ふれあいの森
   ふれあいの森
木蔭での一休みは気持ちの良いものですね
ふれあいの森休憩
太陽が丘を後にし、帰路へ
琵琶台
琵琶台付近を進行、暑いですね
Uji健歩会
街中へ戻ってきました。木蔭、日蔭も無く、気温はうなぎ登り、
琵琶台地区
    道路の花壇には"日々草"や"サルビア"が目を休ませてくれます
    日々草やサルビア
福祉会館前広場へ帰着する
福祉会館前
疲れた時こそ筋肉の疲れを和らげるクールダウンストレッチを
ty3832.jpg

皆様、お疲れさまでした。
この暑さによる熱中症が心配されましたが、無事終了し安堵しています。
担当1班の皆様、ご苦労さまでした。
次回も宜しく願います。

それではみな様、暑さに負けず体調管理に十分気を付けてお過しください。


夏本番はウォーキングで乗りきりましょう!!