daibttet.jpg

大仏鉄道は明治31年に開業し、イギリス製の赤い蒸気機関車が「加茂駅から大仏駅」間を伊勢、名古屋方面からの大仏参拝客を乗せて賑わっていたそうです。
木津駅経由の新路線の開通により、開業から僅か9年間という短い期間でその役目を終え、その姿を消すことになりました。
のどかな里山にひっそりと佇む橋脚や隧道、幻となった在りし日の鉄道に想いを馳せつつ、その遺構を巡る月例ウォーキングを楽しみました。


          幻の大仏鉄道遺構めぐり_前半

平成28年 5月18日(水) 
集合時間 午前10時15分
集合場所 JR加茂駅
行   程 
JR加茂駅 ⇒ C57SL展示 ⇒ 観音寺橋台 ⇒ 鹿背山橋台 ⇒ 赤橋 ⇒ 城山台公園(昼食) ⇒ 松谷川隧道 ⇒ JR木津駅(解散)   距離(約10Km)

解 散 午後3時

参加者
 一般参加者 44名、 Uji健歩会員 34名  計 78名


大仏鉄道の説明(加茂駅東公園での掲示物)
  大仏鉄道?
動輪モニュメント
  daidorn.jpg
ランプ小屋   
機関車の前照灯や客室の照明用に使用されていたランプ用の油類の給油、保管庫として使用されていました

  dailamp.jpg
のっぽのマンションが立ち並ぶ加茂駅へ集まる参加者の皆さん
加茂駅東口公園
おーい! 始めるぞ!! 集まれ!!
daiatmr.jpg
矢野会長から例会開会の挨拶
daifaic.jpg
担当3班リーダーの森さんから今日の行程、注意事項の説明
daisetme.jpg
今日の行程略図(奈良市、木津川市の"幻の大仏鉄道遺構めぐり"マップから)
daimap.jpg
超快晴の空の下、ウォーミングアップストレッチ  逆さストレッチが水面に
daitais.jpg
加茂駅を「幻の大仏鉄道遺構めぐり」に出発!! 
daisyup.jpg

            daislan.jpg
蒸気機関車「C57SL」展示」
別名"貴婦人"とも言われ、昭和12年製の機関車(関西本線を走っていた)
daisl7.jpg
加茂町内を進行 
加茂町ウォーキング
畑や田んぼのあぜ道をのどかに散策 
田んぼ道
遠くにはJR大和路線の電車が誇らしげに走っている、"大仏鉄道よ今何処"
dai2468.jpg
超快晴で、気温も急上昇、水分補給タイム休憩
dai2475.jpg
トラックターで農作業をする人を横目に里山へと
里山ウォーキング
観音寺橋台
手前の石積みが大仏鉄道橋台、向こうの橋が現在のJR大和路線
観音寺橋台
観音寺小橋台
観音寺小橋台
気温も更に上ってきて、ペットボトルのお茶や水もはかどります
dai2499.jpg
のどかな里山で、田植え準備の農作業が
農作業
この時期ともなれば、上手になったウグイスの鳴き声を聞きながら
dai2502.jpg
素朴でのどかな里山、新緑から深緑へ自然の移り変わりが清々しい
里山風景
ひっそりと鹿背山橋台
鹿背山橋台
下には小川が流れ、橋台は緻密に積まれ、堅固な構えです
鹿背山橋台
先月の地震での熊本城石垣崩れとの比較が話題に
鹿背山橋台前
梶ヶ谷隧道の入口へ向かう一行
梶ケ谷隧道へ

        梶ケ谷隧道
梶ヶ谷隧道
下が石積み、アーチ部の上半分がレンガ積み
梶ケ谷隧道
トンネルを抜ければ、里山から街中へ(道も舗装され、景観が変わった感じが)
梶ケ谷隧道

        赤橋 大仏鉄道
赤橋
レンガ造りの橋台、生活道路として現役活躍中
赤橋 大仏鉄道
 橋桁の一部は木で出来ており大丈夫なのか との声が
 (大仏鉄道では、車輪が載るレール下だけが強固な石材仕様で充分)
  大仏鉄道赤橋
昼食地の城山台公園へ到着
城山台公園昼食
この公園で東屋はここしか無く、蔭を求めて一目散
城山台公園
一人から二人毎に、短い木の陰の下で昼食
城山台公園
来月6月例会の案内を担当4班リーダーの野畑さんから説明
(京都マラソンコースの沿道を歩く_その2 嵐山から地下鉄北大路駅まで)
城山台公園
今日の参加者の方々
mbdtsak.gif 
高級柿として名高い鹿背山柿の産地
鹿背山柿
炎天下を梅美台の街中、進行中
大仏鉄道遺構巡り
この時期、まだ暑さに慣れていない身体で皆さん多少グロッキー、当然 私も
梅美台公園に到着、小休止
梅美台公園
旧約聖書に出てくる"バべルの塔"もどきの木津南配水池
木津南配水池
畑の中の農道を松谷川隧道へ
松谷川隧道へ
松谷川隧道
赤レンガと黒レンガとが交互に配置され、明治のレンガ造りの美しさが
松谷川隧道
   中は農業用水となっています
   松谷川隧道
   関西鉄道の社章
   関西鉄道の社章
遺構めぐりも終了し、後はひたすら木津駅に向かって
dai2598.jpg
ようやく、遠くから見えていた木津駅近くの配水塔付近へ
dai2601.jpg
オプション:  木津上之山城跡散策
木津上之山城跡
城跡からの展望
木津城址からの展望
本隊は出発、急いで降りなければ、待ってくれ!  
木津城址からの展望
  鍬のモニュメント_農(みのり)のまちを豊かに耕すシンボル
  鍬のモニュメント
JR木津駅が見えてきました
JR木津駅
お疲れさまでした。 クールダウンストレッチで明日への英気に
クールダウンストレッチ


澄み渡る快晴に恵まれた中、のどかな里山や田園風景に溶け込んでいる遺構を巡りました。レンガ造りや堅固な構えの石積みの隧道、橋台は明治期の土木技術の高さを見ることが出来ましたが、梶ヶ谷隧道を抜けた辺りからは開発の波が直ぐそこまで来ており、これらの遺構はいつまで残っているものかと・・・。
担当の3班の皆様、お疲れさまでした。
次回も宜しくお願いいたします。