琵琶湖

雪をかぶった比良山系を望み、悠々と水をたたえる琵琶湖
「近江八景」や「琵琶湖周航の歌」に歌われている豊かな自然
早春の湖畔では糸を垂らす釣り人、湖面に浮かぶ鴨や冬鳥
今日の琵琶湖にはゆるやかな風が流れています
さあ、ウォーミングアップ・ストレッチ
なぎさ公園から近江大橋へと足を進めましょう


近江大橋

           早春の湖都水辺ウォーク

平成28年 3月16日(水)  
集合時間 午前9時30分
集合場所 JR大津駅北口受付
行   程
 湖岸なぎさ公園⇒ 打出の森 、 におの浜 ⇒ 膳所城跡公園(昼食) ⇒ 近江大橋 ⇒ イオンスタイル草津 ⇒ 瀬田唐橋 ⇒ JR石山駅   
距離(約10Km)
解 散 午後2時10分

参加者
 一般参加者 37名、 Uji健歩会員 45名  計 82名


3月度例会の開会を宣する1班、田中丈さん      琵琶湖ホテル
なぎさ公園C
会長から開会のお言葉
なぎさ公園a
担当の1班リーダー野崎さんより、本日のコース、注意事項について
なぎさ公園b
  地図は+-で拡大、縮尺、ドラッグで移動等が可能です


su009.jpg
琵琶湖を眺めながらのストレッチ、心身共にリラックス
su011.jpg
   琵琶湖に浮かぶミシガンクルーズ
   ミシガンクルーズ
さあ、出発します、準備よろしく
su1972.jpg
   三思の磐(写真には二つしか写っていません)
   「自戒、自省、自励」自らを戒(いまし)め、謙虚に反省し、自らを励まして、
   誠心誠意、社会に奉仕しよう。

   三思の磐
なぎさ通りをゆったりと楽しく行きましょう
なぎさ公園散策
車が通らないウォーキングはいいですね!
su1978.jpg

su023.jpg
琵琶湖文化館、打出の森、びわ湖ホール、高層の大津プリンスホテル
滋賀県立琵琶湖文化館
御製碑
「古き湖(うみ)に育まれしきし種々(くさぐさ)の魚安らかに住み継ぐを願ふ」と読むようです。
  平成19年の全国豊かな海つくり大会のときの御製です
 御製

su1987.jpg

su030.jpg

su032.jpg

su033.jpg

su039.jpg

su051.jpg

外来魚回収ボックス
 琵琶湖岸に沿って細長く伸びた”なぎさ公園”に、ゆったりとした広さのとられた遊歩道が続き、平日とあって人影も少なく、バスを釣る人、ウォーキングをする人がポツリポツリと見られる静かな湖畔。
 桜のつぼみの膨らみや琵琶湖を渡る風に春の訪れを感じつつ、琵琶湖ホテル付近から”なぎさ通り”をゆったりと自然や風景を楽しみながら近江大橋へと.........

su1990.jpg

su1993.jpg
におの浜にて、小休憩
su1996.jpg
   河津桜と石碑
   su1998.jpg

su082.jpg
   近江大橋の下に「晴嵐夕映」の碑
    近江八景の"粟津晴嵐"、"瀬田夕照"の合わせ技?
   晴嵐夕映

su137.jpg
膳所城址公園へ到着、昼食
   膳所城址

   膳所城址
昼食後、4月度例会(樟葉・山田池方面)について、2班の幸田さんより説明
su2018.jpg

su116.jpg
午後の行程へ 膳所城址公園を出発
堀内美喜雄
近江大橋を渡る一行
近江大橋
近江大橋からは先程通ってきた「なぎさ通り」や広大な琵琶湖が一望できる。
su2020.jpg

近江大橋
イオン草津の横を
イオンモール
横には琵琶湖から流れでる瀬田川、下流では京都府境あたりで宇治川に改名し、
天ヶ瀬ダムを経て、地元の塔の島、宇治橋へと流れて行きます。

瀬田川
琵琶湖漕艇場:さまざまな競技が行われ関西ボート界の一大拠点となっています
唐橋公園で一休み

su2031.jpg
この石碑に、琵琶湖の形状が記載
  面積  671.67K㎡ (参考、淡路島 592.6K㎡)  体積  約27.5億㎥
  平均水深  41m  最大水深  103.6m  湖岸線長  235Km
su154.jpg
クルーがオールを漕いで、ボートの練習風景
ボートを漕ぐ人
ゴールの瀬田唐橋が近づいてきました
su2039.jpg
瀬田唐橋:幾度も歴史的な戦乱の舞台となり「瀬田橋を制する者は天下を制する」と言われた。
又、景勝地としても「近江八景」では、「瀬田の夕照(せきしょう)」と讃えられている。
瀬田の唐橋
更には、平安時代中期、俵藤太秀郷の大ムケデ退治伝説でも有名です。
俵藤太ムカデ
唐橋西詰の公園へ到着
su2045.jpg
今日の行程も終了し、クールダウン・ストレッチで解散
クールダウンストレッチ

担当の1班の皆様ご苦労さまでした。
雄大な琵琶湖を眺め、心身共にリラックスできるウォーキングでした。
次回も宜しくお願いします。