橿原神宮

         「新春の橿原神宮から今井町を歩く」
昨日(1/20)の降水確率60%と午前中雪の降る天候の状態で、本日に延期されました。
畝傍山の東南麓に、初代の天皇に就かれた神武天皇が祀られている「橿原神宮」を参拝・散策し、戦国時代の環濠集落を発祥とし、江戸時代には豪商たちの商家の軒が連なり、"大和の金は今井に七分"と称されるまでに繁栄した商業都市の町並みを残す「今井町」を見学しました。


平成28年 1月21日(木)   
集合時間 午前10時 
集合場所 近鉄 橿原神宮前駅
行   程 
駅前広場(ストレッチ) ⇒ 橿原神宮参拝(神武天皇展示パネル:昼食) ⇒ 今井町散策 ⇒ 今井蘇武橋公園(解散) ⇒ 近鉄八木西口駅 
 
距離 約6km   解 散 午後 3時10分

参加者
 一般参加者 18名、 Uji健歩会員 36名  計54名


駅前広場で、参加の方々を出迎え準備の担当会員の皆さん
橿原神宮駅前
    今日の散策地図
    kwmap.png
開会の挨拶 林副会長
s-IMG_1443.jpg
本日の行程、注意事項について、担当3班のリーダー森さんから
s-IMG_1456.jpg
寒さで固まった体をストレッチでほぐして、今日も怪我の無い楽しい例会を
s-IMG_1459.jpg
駅前広場を先頭がスタート
橿原神宮前駅出発
続いて会員、一般参加者の方が
Uji健歩会1

Uji健歩会2

Uji健歩会3

Uji健歩会4
一の鳥居から表参道を二の鳥居へ
橿原神宮表参道一の鳥居
橿原神宮南神門前で、散策・参拝の要所と時間について
橿原神宮南神門
多くの鴨が水面で遊ぶ様子を見ながら深田池散策
橿原神宮深田池

      鴨

jimt.jpg橿原神宮御祭神・神武天皇が畝傍山の東南・橿原の地に宮を建てられ即位の礼を行われた宮址に、明治23年に創建。
第一代の天皇であり我が国建国の始祖となられた神武天皇と、媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめ)皇后が祀られている。
天照大神の血を引く神倭伊波禮毘古命(かむやまといわれびこのみこと(後の神武天皇))が、豊かで平和な国づくりをめざして、九州高千穂の宮から東に向かい、想像を絶する苦難を乗り越え、畝傍山の東南の麓に橿原宮を創建されました。
第一代天皇として即位されたのが紀元元年、今からおよそ2,600余年前のことです。

畝傍山の麓、威風堂々とした外拝殿
橿原神宮外拝殿
外拝殿前に今年の干支の大絵馬「申(さる)」が飾られている
橿原神宮丙申
「家内安全」、「無病息災」などをお祈りする参加者の方々
s-IG_1499.jpg
廻廊で、書初め大会の展覧
橿原神宮廻廊
神々しい内拝殿、本殿
橿原神宮内拝殿
神武天皇御一代記絵巻展示パネル、弊殿の鬼板の展示
神武天皇展示パネル
s-IG_1515.jpg
参拝、昼食も終わり、午後からの行動について説明、A班、B班に班分け
s-IG_1525.jpg
次回の2月例会について、4班リーダーの大仲さんから
s-IG_1529.jpg
北参道を今井町に向かって進行 A班
橿原神宮北参道
B班
s-IG_1541.jpg
神武天皇陵
神武天皇陵

今井町マップ
今井町の歴史
14世紀後半頃の今井は興福寺の荘園で、当時は春日神社を中心とし、最盛期の3分の1程度の環濠集落を母体として発展した町です。
室町時代の後期には、この付近に一向宗(浄土真宗)の道場(後の称念寺)ができはじめました。旧の勢力に何回か焼き払われますが、天文年間(1532~55)頃には東西南北の四町から成る寺内が誕生していたと考えられています。
その後、新町・今町が整い、文禄検地(1561)頃には現在とほぼ同規模の六町が成立しています。周囲に三間の堀・土居を巡らし、入口には9か所の門を構えた武装宗教都市でした。
 しかし、天正3年(1575)織田信長に降伏後は町民の富力が増大し、近在の豪商の移入と相まって南大和最大の自治都市・商業都市として発展しました。
(今井町資料より)

今井町到着を知らせる格式高い気品に満ちた建物が出迎え、「華甍(はないらか)」
華甍(今井まちなみ交流センター)
今井町の散策へ
今井町散策
河合家住宅
河合家住宅(酒造)

今井町散策1
中橋家住宅
中橋家住宅
夢ら咲長屋(案内所兼休憩所)へ
夢ら咲長屋(案内所兼休憩所)
夢ら咲長屋で今井町ボランティアガイドの方から歴史、町並みについての説明を聞く
今井町ボランティアガイド
豊田家住宅
豊田家住宅
紙半 豊田記念館
紙半豊田記念館
紙半 豊田記念館所蔵品の一部(館内撮影禁止の為、パンフレットから)
紙半豊田記念館所蔵品
長寿の樹  (幹に触れてご利益を)  樹齢約250~300年
長寿の樹








s-IG_1575.jpg




春日神社
春日神社
なぜか、宇治川先陣争いの絵馬が多く掲げられています
春日神社絵馬
復元された環濠集落の掘り
環濠復元
城郭のような今西家住宅
今西家住宅
町を歩いていると江戸時代へタイムスリップしたかのようです
今井町町並散策2
出格子窓や細格子などの様々な格子、美しい町家が連なる
今井町町並散策3
今放映中のNHK連続ドラマ"あさが来た"のロケ地
あさが来たのロケ
NHK"あさが来た"の第7話(2015/10/5放映)映像と同じ場所の様子
垂れ幕やのれん、看板でドラマの風景へ様変わり
朝が来たロケ
ロケ時の状況について説明を受ける
あさが来たロケ説明
旧米谷家住宅
旧米谷家住宅
土間にかまどが据えられ、家内は江戸時代の雰囲気が
旧米谷家土間
河合家住宅は「出世男」でお馴染みの酒造家           
河合家住宅出世男
ちょっと一杯(試飲)と期待しましたが・・・・・、粕漬け、酒ケーキの試食で腹の虫は我慢でした
   出世男

今井町
今井まちなみ交流センター「華甍」
s-IG_1611.jpg
 映像で今井町の歴史や町並みの説明(昼食後で暖房のきいた部屋で、自然と瞼が仲良く)
   s-IG_1614.jpg
今井町復元模型
今井町模型
今井蘇武橋公園でクールダウンを行い解散
今井蘇武橋公園

今井町クールダウン

担当の3班の方々、および応援の4班の皆様お疲れさまでした。

厳かで清々しい雰囲気が漂う橿原神宮でお参りし、重厚な商家が立ち並び、江戸時代の面影がそこかしこに残る今井町を散策してみると、日本人であれば心から落ち着ける場所ではないかと感じました。
このような日本のふるさとのような町並みは、いつまでも残して欲しいものです。