平等院

今年度はUji健歩会がホスト役で、このたび平成の修復工事を終えた世界遺産「宇治上神社」・「平等院鳳凰堂(阿弥陀堂内見学)」と鳳翔館、秋色に染まった庭園を散策するコースで行いました。

平成27年11月26日(木)  
集合時間 午前9時00分
集合場所 JR宇治駅北側駐車場前
行 程  JR宇治駅 ⇒ 源氏ミュジアム ・  宇治上神社  ・  宇治神社 ・  朝霧橋   ・  橋姫神社 ⇒ 宇治市民会館(昼食・交流会) ⇒ 平等院鳳凰堂(庭園・阿弥陀堂・鳳翔館) ⇒ 平等院表参道商店街 ⇒ JR宇治駅(15:50) ⇒ 帰路へ


参加人員   Nantan健歩会関連 47名     Uji健歩会関連 39名

JR宇治駅北口で、Nantan健歩会の皆さんを拍手でお迎えする会員
nMG_0915.jpg
到着されたNantan健歩会の皆様
G_2h604.jpg
ようこそ宇治へ いらっしゃいませ 
G_2h603.jpg
Uji健歩会 矢野会長の歓迎の挨拶
nMG_0930.jpg
内立元さんから本日の行動予定について
nMG_0925.jpg
各所で説明をしていただく、宇治観光ボランティアガイドクラブの皆様を紹介
nMG_0931.jpg
体をほぐし、体調を整えるストレッチ体操
nMG_0941.jpg
大丈夫かと思われた天気も、徐々に悪くなり雨がポツリポツリと
nhG_2618.jpg
傘やカッパ着にて、宇治駅からスタート
nhG_0950.jpg
橋姫神社
祭神は瀬織津比め(せおりつひめ)で橋の守り神とされ。 縁切りのパワースポットとしても有名で男女の仲だけでなく、この世の苦しみすべてに効果があるとされています
hasihme.jpg
雨で滑りますから注意してください
nhG_2621.jpg

宇治神社

かつては宇治上神社と宇治神社は二社一体で宇治離宮明神と称されていました。
宇治上神社は「本宮」あるいは「離宮上社」(りくうかみしゃ)と呼ばれ、宇治神社は「若宮」あるいは「離宮下社」(りくうしもしゃ)と呼ばれていたが、明治時代に分離しました。
菟道稚郎子皇子の宮居跡と伝えられる。鎌倉時代後期に建立されたもので重要文化財に指定されています。
宇治神社境内

nhG_0995.jpg

宇治神社
    宇治十帖モニュメントを見ながら、源氏物語について
      gjmmnt.jpg 

nhG_2637.jpg
色あざやかな朱色の朝霧橋を
朝霧橋

宇治上神社
 世界遺産
菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)、応神天皇、仁徳天皇が祀られています。
本殿(国宝)は平安時代後期に伐採された材木が使われ、日本最古の神社建築、
拝殿(国宝)は鎌倉時代前期の建立とされています。
1994年、京都市、宇治市、滋賀県大津市の17の名所が、「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されました。

nhG_2643.jpg

nhG_0972.jpg
拝殿
nhG_0973.jpg
宇治七名水の一つに数えられていた「桐原水」が湧き出ています。
宇治七名水のうち現存するのは、この桐原水のみとなってしまったとのことです。

nhG_2651.jpg

nhGf2652.jpg
本殿は33年振りの大改修により、創建当時の美しい檜皮葺がよみがえりました。
nhG_0979.jpg
       蟇股  (シンプルな強固な形をしています)
      nhG_0989.jpg
kaermt.jpg

源氏ミュージアム
源氏物語ミュージアムは平成10年11月に開館した宇治市の施設で、「源氏物語」を身近に感じることができるさまざまな催し物や展示品が用意されています。
nhG_0965.jpg
今年の紅葉は今ひとつでしたが、ここでは綺麗に紅葉しています。
nhG_2661.jpg

nhG_2666.jpg
宇治十帖「総角(あげまき)の古跡」と与謝野晶子の歌碑の場所で
nhG_0970.jpg
宇治橋を渡って、昼食・研修会会場の宇治市民会館へ
nhG_2672.jpg

研修交流会(昼食)
会場の宇治市民会館のロビー
nhG_1012.jpg
Nantan健歩会 山村会長のご挨拶
nhG_2688.jpg
歓談しながらの昼食
nhG_1016.jpg

nhG_1015.jpg
宇治市健康生きがい課 脇坂保健師さんから食品のカロリーについて
nhG_1021.jpg
南丹市の保健師さんから休養、ストレッチについて
nhG_1026.jpg
Nantan健歩会の活動報告を山下様から
nhG_1030.jpg
Uji健歩会 林副会長から活動報告
nhG_1034.jpg

nhCN0731.jpg
昼食・研修交流会も終わり、午後の予定の平等院鳳凰堂へと
nhG_2705.jpg

平等院 世界遺産
nhG_2718.jpg
平等院は永承7年(1052)、関白藤原頼通によって父道長の別荘を寺院に改め創建されました。その翌年の天喜元年(1053)に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立され、その建物が現在の鳳凰堂です。
平等院入場
     扇之芝
     ognsba.jpg
治承4年(1180)5月26日、源頼政は高倉宮以仁王を奉じて平家追討の兵を挙げました。しかし、宇治川にて平知盛の大軍に追撃され、流れ矢に傷ついた頼政は軍扇を開き、「埋もれ木の花咲くこともなかりしに身のなる果てぞ哀れなりける」と辞世の一首を残し、この地で自刃したと伝えられています。
nhG_1060.jpg

nhG_1062.jpg
平成の大規模修復工事を終え、創建時の華やかな色調を取り戻した鳳凰堂
nhG_1064.jpg
阿弥陀堂への参拝へ長蛇の列が
平等院鳳凰堂拝観
      阿弥陀堂に安置されている本尊阿弥陀如来坐像
      平等院阿弥陀如来坐像
    平等院のシンボル、金色に輝く鳳凰、勇壮な姿で今にも飛び立ちそうです。
       hobuo.jpg 

庭園散策
平等院庭園

nhG_1076.jpg

nhG_1079.jpg

nhG_1081.jpg

集合写真 A班
nhGa1108.jpg
集合写真 B班
nhGb1115.jpg
どの角度から眺めても、優雅な鳳凰堂
nhG_1090.jpg 
鳳凰堂屋根の各所に見られる鬼瓦

平等院鬼瓦 

平等院ミュージアム鳳翔館を見学


雲中供養菩薩像、鳳凰、梵鐘の国宝や重要文化財を収蔵
平等院宝物
鳳凰像、一万円紙幣の図案に使用されているのはあまりにも有名です。
平等院 鳳凰

交流会も終了へ
お茶の香り漂う平等院表参道商店街で、お土産を買われ帰路へ
平等院前商店街
宇治十帖
「夢浮橋」、紫式部像の前で
宇治観光ボランティアガイドの皆様に、詳しく丁寧な説明をして頂いたお礼を

nhG_1119.jpg
有意義な一日も過ぎ、また来年の再会を約して、
nhG_1123.jpg
さようなら、お元気で、また来年、来年はお伺いします
nhG_1127.jpg