Uji健歩会3月例会start

「春待たれる東宇治を散策」

三寒四温と言われるこの季節、一昨日よりの春の訪れを足踏みさせる急激な冷え込みが身にしみる朝、晴天に恵まれた宇治川河川敷に集合し、健康づくりに生かそう手作りの"ウォーキングマップ(第11版)"の東宇治散策コースでのウォーキングを実施しました。

平成27年 3月12日(木)    
集合時間 午前9時30分
集合場所 宇治川河川敷(京阪宇治駅付近)
行 程 宇治川河川 ⇒ 太閤堤 ⇒ 平和堂(トイレ) ⇒ 許波多神社 ⇒ 荒縄地蔵 ⇒ 黄檗公園(昼食) ⇒ 隼上り瓦窯跡 ⇒ 源氏物語ミュージアム(解散・約10Km)
解 散 午後1時30分頃
参加者 一般参加者 27名、 Uji健歩会員 25名  計52名


寒風をついて、宇治川河川敷に集まる参加者の方々
例会集合
今日は用事で欠席の会長に代わり、林副会長による挨拶
副会長挨拶
本日の東宇治散策コースについての説明・注意事項
例会コース説明
寒さで縮こまった筋肉をストレツチで解して、怪我や事故の無いウォーキングを
ストレッチ
宇治川河川を黄檗自衛隊敷地付近を進行
宇治川を進行
「隠元禅師登岸之地」碑
黄檗山 隠元禅師
この地は、かつて岡屋の津という港があり、巨椋池をのぞむこの地は古くから交通の要衝として栄えてきた。江戸時代、黄檗宗開山隠元禅師が幕府から寺領地を賜ることとなり、新寺の候補地探しのために淀川をさかのぼり宇治川で下船した場所でもあることから、「隠元禅師登岸之地」の呼び名も加えられた。昭和24年に初めて橋が架けられ、隠元禅師の渡しにちなんで隠元橋と名づけられたという
隠元橋の由来について説明される岡本さん
隠元橋説明
許波多神社
許波多神社

許波多神社お参り
荒縄地蔵
巨椋池の「おこり」(マラリア)に苦しめられた人々の願いを一身に受け止め、お地蔵さんを荒縄で縛って全快を祈ったそうです。
(子供がおこり(マラリア)に罹つて高い熱に苦しんだとき、暴れまわる子供の熱を冷やすために身代わりで縛られたそうです。)

荒縄地蔵
黄檗山・万福寺付近を進行
黄檗山付近進行
みみずく地蔵尊(黄檗・聖林院)
    癒し系の可愛い願掛け みみずく地蔵尊
みみずく地蔵
黄檗公園に到着、旧陸軍火薬庫の土塁とトンネル
旧陸軍火薬庫
昼食後、次回(樟葉・枚方方面)の例会について案内説明される森さん
次回例会案内
隼上り瓦窯跡
隼上り瓦窯跡
丘になっている跡地からの宇治市五ケ庄方面の眺め
隼上り瓦窯跡
いよいよゴールの源氏物語ミュージアム付近を
源氏物語ミュージアムへ
クールダウンで明日のために疲れを取りましょう   川東公園
クールダウンストレッチ


朝は寒かったですが、歩けば程々の暖かさになりウォーキングには良い一日でした。
コースも身近なところの再確認と再認識できるウォーキングでした。
2班の皆様、ご苦労様でした。