若葉の会 30周年記念講演
                                             (若葉の会様との交流会)

日・時  平成26年6月20日(金) 14時~15時30分
場 所  宇治市生涯学習センター 第1ホール


「江戸時代の商家の食に学ぶこと」
    講師 杉本 節子先生
      プロフィール
     公益財団法人奈良屋記念館杉本家保存会事務局長、料理研究家。
     祇園祭のはれの行事食をはじめ、同家と京都の伝統食を継承され、NHK料理番組出演他、
     各方面でご活躍。
IMG_2285.jpg
 Uji健歩会参加者 13名
IMG_2274.jpg
 重要文化財 杉本家住宅   (下京区綾小路新町西入る矢田町)
       1864(元治1)年 禁門の変にて類焼、 1870(明治3)年 再建

IMG_2288.jpg
  表屋造り、間口約30メートル_奥行約52メートル、京格子、虫籠窓
IMG_2290.jpg
 「歳中覚」
 江戸時代の京商家ではハレの行事の室礼・献立をはじめケの日の献立といった日々の暮らしについてを備忘録として残したもの

     (ケの日: 特別なことがない日常的な日のこと)
IMG_2291.jpg
 1790(寛政2)年 「歳中覚」書始められ、1841(天保12)年に書き改められたものが伝えられている。
IMG_2293.jpg

IMG_2297.jpg
   1. 毎月十0日 二〇日 晦日
      右三度生肴焼もの
      家内中高下なく付候事
   1. 年中平生 朝夕茶漬 香物
            昼一汁一菜
      但し九月十0から
    三月二日迄 朝茶がゆ


IMG_2295.jpg

                                              (講演会レジメより)