新緑上
「春の新緑を求めて」
四季の変容に富んだ「明治ロマンの道」、京都市と大津市が第一疏水で「琵琶湖疏水に観光船を運航する」計画を検討されている。この琵琶湖疏水の歴史散策と新緑を求めてのウォーキングを実施しました。

平成26年5月7日(水) 
集合時間 午前9時30分
集合場所 JR琵琶湖線大津駅前公園
行 程 JR大津駅北口 ⇒ 大津駅前公園(受付) ⇒ 大津港 ⇒ 大津運河(大津疏水) ⇒ 大津閘門 ⇒ 第1トンネル東口 ⇒ 三尾神社前 ⇒ 長等公園 ⇒ 小関峠 ⇒ 第1竪坑 ⇒ 第1トンネル西口 ⇒ 山科諸羽疏水公園(ゴール) 
(解散 午後0時30分 約8Km)

参加者 一般参加者 17名、 Uji健歩会員 33名  計50名
新緑下 

出発前の受付準備
P5070035.jpg 
集合待ち時間のひととき
P5070036.jpg 
かわいい天使の登場   60年以上前へタイムスリップか
P5070042.jpg 
会長による挨拶
Uji健歩会例会会長挨拶
1班リーダーの野崎さんによる本日のコース説明
P5070045.jpg

P5070046.jpg 
ウォーミングアップのストレッチ "手首をつかみ、つかんだ側に引っ張りましょう"
P5070051.jpg 
琵琶湖岸のなぎさ公園を小関越えに向かって出発 
P5070059.jpg  
琵琶湖ホテルを左に見ながら 
P5070057.jpg 
船での観光・旅もいいですね 
P5070065.jpg  
アヒルさんも気持ちよさそうに 
P5070063.jpg

P5070068.jpg 
季節が満開
P5070070.jpg
長等(ながら)神社
天智天皇が近江大津宮へ遷都された際に都の鎮護のため、長等山岩倉に須佐之男神をお祀りされたのが起源とされています
P5070071.jpg

P5070072.jpg
長等公園 
P5070073.jpg

P5070080.jpg
小関越えへ
P5070087.jpg

P5070089.jpg 
峠の頂上付近の"喜一堂"と称される地蔵堂
P5070093.jpg 
小関越えは、北国町通りから小関峠を越え、横木1丁目の旧東海道までのおよそ4kmの道のりである。古くから京都と北国を結ぶ間道として利用されてきた。名称は東海道の逢坂越えを大関とよぶのに対して小関とよばれていた。」北国通り-横木1丁目ルートが江戸時代の小関越えの道である。

P5070091.jpg 
小関越えの道分岐点
小関分岐 
普門寺
P5070095.jpg
上が西大津バイバス  藤尾地区
P5070096.jpg

P5070098.jpg 
新緑がみずみずしい
P5070100.jpg 

Uji健歩会クールダウン
山科諸羽疏水公園でのクールダウンストレッチ   お疲れさまでした   解散!!

P5070102.jpg

担当1班の皆様ご苦労さまでした。
皐月晴れに恵まれ、気持ちの良いウォーキングでした。


追記
5月例会開催日の周知不備により、同じコースの設定で再度補修例会を実施しました。

平成26年5月9日(金)
集合時間 午前9時30分
集合場所 JR琵琶湖線大津駅前公園
行 程 JR大津駅北口 ⇒ 大津駅前公園(受付) ⇒ 大津港 ⇒ 大津運河(大津疏水) ⇒ 大津閘門 ⇒ 第1トンネル東口 ⇒ 三尾神社前 ⇒ 長等公園 ⇒ 小関峠 ⇒ 第1竪坑 ⇒ 第1トンネル西口 ⇒ 山科諸羽疏水公園(ゴール) 
(解散 午後0時30分 約8Km)

参加者 一般参加者 9名、 Uji健歩会員 7名  計16名

1班リーダーの野崎さんより本日のコース説明
DSCN3042.jpg

DSCN3046.jpg 
琵琶湖なぎさ公園を出発
DSCN3048.jpg

DSCN3053.jpg
大津港から小関越えへ
DSCN3060.jpg
疏水トンネル

DSCN3065.jpg