市民研修会

 健康講座
     ”いくつまで生きたいですか”

      平成29年 10月26日(木) 午後 1時00分~2時45分
           宇治市生涯学習センター 第1ホール
        講師:京都文教短期大学
                食物栄養学科
                森井  秀樹 教授

          
         受講者:行政・会員 88名

開会前にホールへ集まる参加者の皆さん
sIMG_7931.jpg

sIMG_7932.jpg

sIMG_7940.jpg
森井教授の経歴等を紹介する研修事業部長
sIMG_7941.jpg
    京都文教短期大学 森井教授
   sIMG_7954.jpg
講座が始まりました
sIMG_7949.jpg

1. 平均寿命と平均余命
 平均寿命 <死亡率が今後も変わらないと仮定し、その年に生まれた0歳児があと何年生きられるかを表す>
  女性:87.14歳(世界2位)   男性80.98歳(世界2位)
平均寿命
 平均余命 <ある年齢の人々が、その後何年生きられるかという期待値のこと>
  簡易生命表
70歳のあなたが後生きられる年数は、男性 15.72年、女性 19.98年ですと言われたら、どう思います
平均余命

         森井秀樹 
   
2. 死因の"昔"と"今"
死因別
 うつる病気から造られる病気へ変化
   結核が下がり、悪性新生物(癌)、脳・心疾患が増加
  
    健康講座00

3. わが国の人口ピラミッド
人口ピラミッド
  リバチ状から壷形状へ変化
   高齢者が多く、若年層が減少し、人手不足で就職率も良くなっている

         森井秀樹

4. 国民健康づくり対策
健康の三大原則

国民健康づくり対策
[メッツ表]

運動指標  Mets(メッツ):代謝当量(エネルギーを使う程度)を表します。
1.0Metは安静状態(テレビを見ながらゴロっとしているような状態)
   ウォーキングは3.0Mets程度
3.0メッツの運動を7日やれば21メッツとなる。
メッツ表

  健康講座

5. 加齢と体力
ksm008.jpg


握力はあまり落ちない、普段使っているからで運動していれば傾斜は緩やかに
         森井秀樹教授

6. 健康と運動 
ksm215.jpg

  健康講座

7. 健康と栄養
   糖尿病のおはなし
   ・家系として伝わる。
   ・生活習慣が影響⇒肥満⇒インスリンの感受性が低⇒血糖値が高くなる。
     日本人の6人に1人が糖質異常者
     40歳以上に限定すれば3人に1人が何らかの糖質異常


     なんでも安くて、簡単に手に入るはほとんど糖質です。

     糖質制限ダイェットが有効(糖分1gに水分と3g結合、体の60%は水分)
     簡単に1週間3Kg位は痩せるが、筋肉が落ちるのが怖い。


        理想的な「PFCバランス」は
          PFC は protein(タンパク質)、fat(脂質)、carbohydrate(炭水化物)
PFCバランス
血糖を上げないようにするには、
 食物繊維は糖質に含まれが、カロリーゼロだから多く取るのが良い。
  野菜を取った上で食事すると量が抑えられる。

糖質と種類
 血糖値を上げないための食事
食後血糖値の推移
  ラーメンの後にチャーハンを食べる、これが糖質に糖質で最悪だそうです。
健康食品
     糖質0食品   糖質制限の食品は高い
   健康食品
       (カロリーオフは糖質が入っている)
   健康食品
(森井先生のプレゼン資料から流用掲載しております。資料の量が多く、容量等の関係から抜粋掲載とさせて頂きます。)

最近の話題やコラムを織り交ぜながら、懇切丁寧に"健康と運動、食事"について解説して頂き有難うございました。
「いくつまで生きたいですか?」に対して「100歳」と答えたいですが、講座等をヒントに生涯を通しての継続的な努力が成し得るものだと確信いたしました。