豪川散策


   桃山・丹波橋・中書島界隈ぶらり

 一昨日は、梅雨前線と台風3号が九州地方に接近の影響で降水確率70%で順延となりました。
 今日は台風も通過し順延によるものか49名と少なめの参加者が、この時季としては幾分涼しげの朝、山科川堤防へとスタートしました。
 京阪桃山南口から伏見桃山御陵内を散策し、メイン訪問先である森林総合研究所へと向かい、その後、丹波橋方面から柳なびく濠川沿いに竜馬ゆかりの地や酒蔵、十石舟など伏見の見どころへと足を進めました。
 


平成29年 7月6日(木) 
集合時間  午前9時
集合場所  JR六地蔵駅前
行   程
六地蔵駅 ⇒ 山科川堤防 ⇒ 京阪_桃山南口 ⇒  乃木神社 ⇒ 森林総合研究所 ⇒ 丹波橋通り ⇒ 濠川沿いの道 ⇒ 伏見港公園 ⇒ 濠川遊歩道 ⇒ 伏見公園 (解散・約8.5Km)

解 散 午後2時

参加者  一般参加者20名、 会員29名  合計49名


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例会受付準備中の4班の皆さん
例会準備
地下鉄_六地蔵駅付近に集まる参加者の皆さん
六地蔵駅
出発式で、林会長の挨拶
Uji健歩会
例会のコース説明を行う、担当の4班リーダー
六地蔵駅例会7地図


六地蔵駅集合

ストレッチ
山科川に向かって出発です  この画像はパタパタ動画となっています
山科川_六地蔵

山科川
  京阪六地蔵駅の高架下を行きます
  京阪六地蔵駅 
山科川の右岸堤防を進んでいます 
山科川
暑くもなく,草の緑も多く気分爽快です
山科川

山科川
徐々に気温も上がってきました
山科川
京阪_桃山南口を通過中
京阪桃山南口駅
          この画像は パタパタ動画となっています
伏見桃山御陵
桃山御陵を進行中
伏見桃山御陵

伏見桃山御陵
乃木神社に到着
乃木神社
      乃木神社、勝運・縁結びのパワースポットです
     乃木神社
水分補給タイムです
乃木神社
杉木立が並ぶ明治天皇陵への参道です
明治天皇陵参道
桓武天皇陵への参道を行きます
桓武天皇陵
               この画像は パラパラ動画になっています
桓武天皇陵参道
平安京を開いた桓武天皇陵の入口
桓武天皇陵

丹波橋方面へ
森林総合研究所_関西支所
森林研究所入口
正面はメタセコイヤの並木通りとなっています
森林研究所

     メタセコイヤ

   森林総合研究所
所員の方から研究所の活動や所内の配置、落葉樹と常緑樹の葉の違いなどの説明を
森林の説明
落葉樹の葉の感触を確認
落葉樹
常緑樹の葉の感触確認
落葉樹の葉は葉厚が薄く、柔らかい
常緑樹の葉は葉厚が厚く、硬い
落葉樹は毎年落葉し入れ替わるが、常緑樹のは永久ではなく2~3年で入れ替わるそうです。
常緑樹の葉は数年持たせる必要があり、頑丈に作られているそうです。
ガッテン!!
常緑樹

     苔

   森林総合研究所
      孟宗竹の根っこです
     孟宗竹
森の展示館
森林総合研究所
    野生動物の剥製がお出迎え
   剥製
     まるで生きているみたいですね、オオカミが飛びかかってきますよ
     剥製
館内では、森林に関する多くの研究の中で、関西支所の主な研究成果も展示されています
森の展示館
   木からの精油、香りについての展示
  精油_香り
身近でいろいろと興味がわく展示物が沢山ありました
森の展示館
  木の断面の顕微鏡画像
  木の断面

森の展示館

森の展示館
   木の重量比較(左へほど軽く、桐へ)
   木の重さ比較
  ネジバナ
  ネジバナ

        信楽焼
見学も終わり、丹波橋方面へ
伏見散策

丹波橋

丹波橋
丹波橋通り
万代スーパー
  丹波橋(川のこの橋付近に桑山丹波守の屋敷があったことから名付けられたそうです)から
   豪川
  薩摩島津藩伏見屋敷跡(天璋院篤姫の滞在中の宿、坂本竜馬が避難した材木小屋から匿われた)
    薩摩伏見屋敷跡

玉乃光酒造
  玉乃光酒造の酒蔵街並み
  玉乃光酒造
伏見の古い町並み
伏見古民家
   坂本竜馬が寺田屋で襲われた後に避難した材木小屋跡
   坂本竜馬逃避材木小屋跡
角倉橋を通過すると濠川遊歩道へ出ます
豪川
伏見であい橋で小休止、この場所で川はT字に、帰路は反対側を歩きます
豪川 Uji健歩会
  先日の台風や梅雨の影響でか、川は満面となり流れています
  豪川
伏見港公園に向かって、濠川遊歩道を進行
豪川散策
花壇も整備され、色々な花で目を楽しませてもらえます
豪川花壇
前方に三栖閘門(みすのこうもん)が見えてきました
三栖閘門は1929年(昭和4年)に濠川と宇治川を結ぶ施設として造られました。2つのゲートで閘室内の水位を調節し、水位の違う濠川と宇治川を連続させて、船を通す施設です(パナマ運河方式)
三栖閘門
伏見港公園で昼食です
伏見港公園
オレンジのベストを着けた幹事班、4班の食事風景
昼食
昼食も終わり、午後の行動へ
昼食終了
次月(8月)の例会についての説明
次月例会

Uji健歩会
研修事業部から、10月に行われる市民対象研修会の案内説明
研修について
では、そろそろ出発します
出発
             この画像は パラパラ動画となっています
  豪川散策へ

豪川散策

豪川を歩く

豪川WK
京都と大阪を結ぶ水運で栄えた歴史が残っている
豪川全景
常夜灯と柳、風情がありますね
豪川散策
寺田屋前の川沿いには龍馬・お龍の銅像があります 「龍馬とお龍、愛の旅路」像
坂本竜馬
   寺田屋です
  寺田屋
   十石舟が行き交う水路
  千石舟
川越しに見える月桂冠の古い酒蔵の風景
酒蔵
この辺がこの水路の最も絵になる酒蔵並び
酒蔵_豪川
解散地の伏見公園に到着しました。
伏見公園に到着
クールダウンストレッチで疲れた体を癒し、お疲れ様でした
クールダウン

参加の皆さんお疲れ様でした。
担当の4班の皆様、ご苦労さまでした。
いつも身近にある場所ですが、改めて回れば新しい発見も色々と有りました。
豊臣秀吉が作った城下町のなごりや水運、伏見の酒造り、幕末の舞台となった薩摩藩、坂本竜馬など濠川沿いに歴史を振り返ることが出来る例会でした。
4班の皆様、次もよろしくお願いします。

今回のコースの前半は"健康づくりに生かそう手作りのウォーキングマップ(第12版)"の頁12,13の6.明治天皇・乃木神社コースから準用しています。

玉川

             深緑の井手の里を歩く 」
先週の梅雨入り宣言の雨で例会が順延となって以降、連日晴天が続き今年は空梅雨でしょうか。 朝晩と昼間の温度差が大きく体調管理には苦労します。
新緑から深緑へと移り変わる山背古道を山城多賀から玉川まで歩き、田植えも終った「井手の里」から自然と歴史、ロマンにふれるのどかな里山風景に触れ、夜になれば源氏ボタルが乱舞する谷川や玉川堤一帯で緑鮮やかな森林のマイナスイオンを受け、リフレッシュ出来る例会でした。


平成29年 6月 15日(金) 
集合時間 午前9時30分
集合場所 JR奈良線 山城多賀駅
行   程
 JR山城多賀駅 ⇒ 谷川ホタル公園 ⇒ 井手町自然休養管理センター ⇒ 井堤寺跡 ⇒ まちづくりセンター椿坂(昼食) ⇒ 橘諸兄公旧跡 ⇒ 玉川堤 ⇒ 六角井戸 ⇒ 玉川土手(クールダウン・解散) 距離(約8Km)

(当初の計画は6月7日の予定でしたが、降雨の為に順延されました)


解 散 午後2時

参加者
 一般参加者 24名、 Uji健歩会員 30名  計54名


参加者の皆さんがJR山城多賀駅へ集合しています
山城多賀駅
6月例会の開催です 林会長の挨拶
Uji健歩会
今日の担当、3班リーダーの森副会長からコース、注意事項
Uji健歩会
井手
快晴の清々しい朝、井手の空気をいっぱい吸ってウォーミングアップ
ストレッチ
JR山城多賀駅を出発
Uji健歩会
気温も低く清々しい朝ですが直射日光が強く、皆さん紫外線対策バッチリですね
Uji健歩会

山城多賀
     高神社
   高神社
谷川ホタル公園
谷川ホタル公園
  6月17日(土)には"ほたるまつり"が行われます
  ほたるまつり
  谷川は雑草が生い茂っています。源氏ボタル育成のためにでしょうか。
  谷川ホタル公園

谷川散策
   田植えが終わった、里山風景
   山城多賀田園

山背古道                
井手町マンホール
足元に目をやれば、井手町のマンホールの蓋、
井手町の"井"と桜のデザインかと思いきや、
井手町の花、山吹の花があしらってあるそうです。


           yambk

山背古道

山背古道
これから少々急な登りとなります。
Uji健歩会

山背古道
登りで体温も急上昇、水分補給タイム
給水タイム

山背古道

Uji健歩会
竹藪で覆われた下り道を進行
竹藪
井手町 自然休養村管理センターへ到着、小休止
井手自然休養村管理センター

井手田園

井手田園む
田んぼの側溝には、オタマジャクシが気持ちよさそう泳いで
(何十年かぶりにオタマジャクシを見ました)
   カエル
    深緑の里山風景
   田んぼ
井堤寺跡 
井堤寺跡
広大な寺域を誇った井堤寺の跡
橘諸兄公によって建立された七堂伽藍の寺の跡です。
井堤寺跡
今日は風も少なく徐々に暑くなってきました。
井手町散策
まちづくりセンター椿坂へ到着しました。昼食です。
井手町まちづくりセンター椿坂

井手町まちづくりセンター椿坂
畳の部屋でくつろいでの昼食、冷たいお茶のおもてなし有難うございます。
椿坂

井手町まちづくりセンター椿坂
このセンターの横には、平城京に造営された大安寺創建期の瓦を焼いた窯、石橋瓦窯跡があります。
  大安寺石橋瓦窯跡
昼食も終り、報告事項や次月例会の説明です。
椿坂

椿坂
"有難うございました"とお礼を言いつつ、午後のコースへ出発
椿坂
もう30度は越えているでしょう でも木陰は心地良い涼しさです
椿坂

橘諸兄公旧跡へ
  澄みきった青空で、いい眺めです
  井手田園

橘諸兄公旧跡橘諸兄は「井手左大臣」と称され、奈良時代の中頃に政界の最高位に登り、「井手の里」を日本の表舞台に登場させた人物です。諸兄は、木津川を眼下に望む風光明媚な当地の高台に館を構え、氏寺として井堤寺を建立するなど、井手の里を橘氏一族の本拠地としました。
橘諸兄
橘諸兄公旧趾
橘諸兄石碑
玉川堤を散策   マイナスイオンが一杯 
春には桜、山吹、初夏に新緑から深緑と季節の移り変わりが楽しめます。
玉川堤
玉川も源氏ボタルの生息の為でしょうか、草が一面に茂っています。
今夜は、やわらかな光を放って源氏ボタルが乱舞しているのでしょう
玉川
六角井戸
六角井戸
勇気ある女性の方(y.yさん)、
 古井戸を開けて大丈夫ですか昔の怨霊に呪われませんか 

六角井戸

   六角井戸
解散場所の玉川堤に到着しました。
玉川土手
諸兄が玉川堤に山吹を植えて以来、玉川は山吹の名所として、古来から多くの歌に詠まれて来た。
歌碑 玉川     歌碑 玉川
クールダウンストレッチをして解散です。お疲れさまでした。
ストレッチ

お疲れさまでした。
担当の3班の皆様、ご苦労様でした。
再三歩いたことのある山背古道ですが、深緑の古道をゆったりと歴史と豊かな自然を楽しみながら里山を歩くのも、程よい汗をかき、心地よいものです。
有難うございました。






南丹交流会
美山_かやぶきの里

 京都丹波高原国定公園に指定された、由良川(美山川)の源流芦生の里(あしゅうのさと)の"かやぶきの里"を散策。
「酒の館」を出発、アジサイ街道を歩き南村から長除大橋を渡り、"かやぶきの里"の眺望一番の場所から"かやぶきの里" の中を散策し満喫しました。
 その後、清流の美しい美山川の左岸を上流へと、沈下橋を渡りオートキャンプ場を通り、右岸の河原から蔵王神社を経て、交流研修会場の旧南丹市立知井小学校へと向かいました。

平成29年 5月 24日(水)  
集合時間 午前7時45分、       午前8時
集合場所 JR宇治駅前 セブンイレブン前、   近鉄大久保駅前

行  程 JR宇治駅前 近鉄大久保駅前 京都縦貫道 園部IC 園部公園(合流) 園部平屋線 酒の館 アジサイ街道(南村) 長除大橋 かやぶきの里(北村) 美山川左岸 沈下橋 オートキャンプ場 右岸の川原 蔵王神社 旧南丹市立知井小学校(昼食、交流会) 園部公園 京都縦貫道 近鉄大久保駅前 JR宇治駅前(解散)

参加者  Uji健歩会 29名  Nantan健歩会 42名    計 71名

Uji健歩会とNantan健歩会との合流地、園部公園
園部公園
町の鳥『カワセミ』像の前で記念写真
園部公園
昨年10月5日に美山かやぶきの里での交流会を計画して頂きましたが、台風接近により中止となりました。再計画して頂き今日の開催の運びとなり有難うございます。
合流
交流会開会式会場の「酒の館」へ到着
酒の館
Uji健歩会&Nantan健歩会との交流会セレモニーの開会です
nan-05x.jpg
長い間(13年間)、Nantan健歩会の会長を務められました山村前会長のご挨拶
nan-07x (2)
Nantan健歩会の森副会長のご挨拶
nan-07x (1)
Uji健歩会_林会長の挨拶
nan-09x (2)
本日のガイドを務めていただきます大萱さん (通称_語り部の やすじい)
nan-09x (1)
研修会での講師 南丹市の松尾保健師さん
nan-11x.jpg
久し振りのラジオ体操第一でウォーミングアップ
nan-12x.jpg
Uji健歩会の皆さん出発しますよ! 用意はよろしいですか!
nan-14x.jpg
前半のウォーキングマップ
nan-10x.jpg
丹波_大石酒造の「酒の館」を出発   
nan-16x.jpg

nan-17x.jpg
のどかな田園風景
nan-18x.jpg
田植えの農作業も所々で、横では田植え機の水洗い中
nan-19x.jpg
路は二つに分かれ、季節は少々早いアジサイ街道を進みます
nan-20x.jpg

nan-21x.jpg

nan-22x.jpg

nan-23x.jpg
由良川に架かる長除大橋を上がて行くと
nan-24x.jpg
かやぶきの里が一望
nan-25x.jpg
美山川(由良川)の清流
nan-26x.jpg

かやぶきの里をバックに記念撮影
snantjn.jpg

nan-29x.jpg
"やすじい"の1時間目の授業です
美山のかやぶきの里は50戸の集落で、38棟がかやふぎ屋根の建築です。
しかも、38全棟に住んでおられます。
岐阜の白川郷の"切妻造り"、福島の大内宿の"寄棟造り"の良いとこ取りをしたのが、この美山の北山形の"入母屋造り"です。

nan-28x.jpg
京都丹波高原国定公園(平成28年 3月25日指定)
由良川の源流である芦生の森は,原生的な自然を有し,希少な動植物の生息地でもあります。 また,かやぶき屋根の特徴的な民家が多数残されている集落など,自然と寄り添う暮らしと,伝統文化を長く世代を継いできた歴史を感じることができます。

nan-31x.jpg
農道には鹿の被害から守るために、電気柵が巡らしてあります。
nan-32x.jpg

nan-33x.jpg

      nan-35x.jpg

  nan-36x.jpg

          nan-39x.jpg
至る所にマーガレットやその季節の草花が咲いています。
(観光用に植えたりするのではなく、自然に自生していて、かやぶきの里にマッチしています)
nan-40x.jpg

    nan-37x.jpg

nan-41x.jpg
     さりげなく置いてある昔の農具 脱穀機
     nan-951.jpg
民族資料館
nan-43x.jpg

nan-42x.jpg
       昔なつかしい農具 "唐箕(とうみ)"
       nan-44x.jpg

nan-961.jpg

nan-45x.jpg

nan-46x.jpg
こんにちは、溝の草取り、ご苦労さまです。
nan-47x.jpg

nan-48x.jpg

nan-49x.jpg
  萱倉庫(かやぶき屋根の葺き替えの為に萱を保管しておく倉庫)
  nan-90x.jpg
萱倉庫の横で、放水銃の中を見せて頂きました
nan-50x.jpg
      放水銃
平成12年(2000年)5月に美山民俗資料館が不審火で焼失したのをきっかけに、防火用放水銃の点検を目的とした防火講習を年に2回、春(5月20日)と秋(12月1日)に開催しています。
     nan-51x.jpg

nan-52x.jpg
宝篋印塔ほうきょういんとう)明応4年(1495)の銘があり室町時代の末期のものです
      nan-53x.jpg
後半のウォーキングマップ
smym02.jpg

   nan-54x.jpg
途中に、ひっそりとした場所に小さな神社というより祠(ほこら)が、
池には湧き水が流れています

nan-55x.jpg

nan-56x.jpg
大雨の時には川面の下となる沈下橋
nan-57x.jpg
右にはオートキャンプ場
nan-58x.jpg
  いきいきドーム(全天候型の多目的施設、通常はゲートボール施設として)
   nan-59x.jpg
新緑の木々からの緑が眩しく、自然いっぱいの森林浴です
nan-60x.jpg
      美山町自然文化村 河鹿荘 公共の宿
     nan-61x.jpg

nan-62x.jpg
"やすじい"の2時間目の授業です
昔、この辺は林業の町として栄えていたが、今は美山の特産は鮎です。
上流に大野ダムがあり、天然遡上はありませんので、琵琶湖の養殖で育てた鮎を放流している。
美山の鮎は大変美味しく、長生きするそうです。 8月13日は鮎まつりです是非とも来てください

nan-63x.jpg

nan-64x.jpg
蔵王神社
nan-65x.jpg
府道京都広河原美山線38号を旧知井小学校へ
nan-66x.jpg
旧南丹市立知井小学校へ着きました(今は過疎化で廃校になっています)
nan-67x.jpg
今でも、十分使える立派な校舎です
nan-68x.jpg
腹が減りました、さあ昼食時間です
nan-69x.jpg
昼食の弁当、緑の葉は朴葉で中にはかやくご飯(鯖街道にちなみ焼き鯖入)が入っています。
大変美味しかったです
    nan-70x.jpg
食事も済、満足気な顔々
nan-71x.jpg
午後の交流会を始めます
nan-72x.jpg
Nantan健歩会の山下秋則  新会長のご挨拶
nan-73x.jpg
Nantan健歩会1年間の活動報告、ビデオ上映
nan-74x.jpg
皆さん、ビデオ上映に見入っています
nan-741.jpg
Uji健歩会の林会長より活動報告
nan-75x.jpg
南丹市_松尾保健師さんからワンポイントレッスン
nan-76x.jpg
   "熱中症"について
熱中症患者のおよそ半数は高齢者65歳以上です。皆さん要注意です。
高齢者は若年者よりも体内の水分量が少ない上、体の老廃物(おしっこ)を排出する際にたくさんの尿を必要とします。体温調節機能も低下してきます。こまめな水分補給が必要です。

   nan-77x.jpg
"やすじい"の3時間目の授業です
かやぶき屋根の寿命について
今は20~25年の寿命(昔は45~50年) 昔は囲炉裏があり、煙が煤となって防腐剤の役目をしていた。最近は囲炉裏が無くなり寒いので天井を張ることにより寿命が悪くなっている。
屋根4面張替えたら800~1000万円かかる(保存地区では市や府、国から8割の補助金が出ます)。
葺き替えは村の人々が農閑期に助け合って行っていたが、高齢化で出来なくなってきた。村の青年が一念発起し職人の会社を設立し、当地はもとより全国或いはイギリスまでも葺き替えを行っている。

nan-79x.jpg
Uji健歩会 黒澤初代会長より、山村前会長の長い間の労をねぎらうお言葉
nan-78x.jpg
閉会のご挨拶 桂副会長
nan-80x.jpg
木造づくりの立派な校舎です
nan-81x.jpg
今日の予定も終了し、帰路へ
nan-82x.jpg
 美味しい美山牛乳で作られたスィーツ、ソフトクリーム
nan-83x.jpg
園部公園に到着、またの再開を期して 有意義な今日一日有難うございました
nan-84x.jpg

雨天の予報にもかかわらずウォーキング中は雨に合うことも無く幸運でした。
語り部"やすじい"の授業は美山の里のかやぶき屋根の説明、抱える鹿害による自然破壊等を、みやげ売り場では"チャラチャラよりもペラペラ"が好まれる"、"美山の空気お腹いっぱいプレゼント"などの笑いを交えた話には聞き入ってしまいました。
研修交流会は由良川(美山川)の清流に沿って古いかやぶきの屋根が多数並び、自然景観と調和し、日本の原風景とも言うべき自然と田舎に触れ合うことのできる有意義で楽しい一日でした。
Nantan健歩会の皆さま、お世話になりました。
次回はUji健歩会です、また、お会いする日まで・・・・



吉祥院天満宮

       京都駅南部の神社・仏閣を巡る

  ゴールデンウイークも終わり初夏のすがすがしい晴天のもと、西大路駅近くの公園に集合し、京都駅南部付近に点在する「若一神社」、「吉祥院天満宮」、「鳥羽地蔵」などを巡り、平安期の歴史上のニッチな部分を考える歴史散策を行いました。

平成29年 5月 11日(木)  
集合時間 午前9時30分
集合場所 JR西大路駅
行   程
JR西大路駅 ⇒ 若一神社 ⇒ 西大路九条 ⇒ 吉祥院天満宮 ⇒ 中ノ坪公園(昼食) ⇒ 恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵) ⇒ 近鉄_竹田駅   距離(約6.5Km)
解 散 午後2時

参加者
 一般参加者 35名、  会員35名   計70名
   

晴れ渡った空のもと5月例会のオープニング、林会長の挨拶
Uji健歩会

西大路駅公園
担当2班のリーダー、司馬さんによる例会コースの説明
snk_61b62.jpg
例会地図
2班、岡本さん指揮によるストレッチ
Uji健歩会ストレッチ
清々しい朝、出発します
例会スタート

階段

若一神社楠
楠などの木々に覆われた「若一神社」に到着
若一神社
                              平清盛公お手植えの楠
若一神社由緒平清盛公お手植え

若一神社
宮司さんから、若一神社の由緒について説明を受けています
若一神社
平清盛公が開運出世について祈ったところ、太政大臣に任じられたことから開運出世の神様として尊崇されています
平清盛
西大路通りを進んでいます
西大路通りを進行
川の大きさの割には、水が殆ど流れていない西高瀬川沿いに吉祥院方面へ
(徐々に気温が上がって、熱中症注意です)
西高瀬川
吉祥院天満宮へ到着
吉祥院天満宮
菅原道真公がおなくなりになって31年目に当たる承平四年(934)に菅原家ゆかりの道真公御誕生の地に朱雀天皇の勅命により創建された最初の天満宮である。
菅原道真はこの地で845年(承和12年)に誕生し、18歳で転居するまでこの地で過ごしたとされる
吉祥院天満宮

吉祥院天満宮宮司
宮司さんより天満宮の由緒について説明に聞き入る
(外は暑く皆はテントへ入り聞いていますが、宮司さんは炎天下で暑かったでしょう)
snk_6215.jpg

硯の水硯(すずり)の水
道真公幼少の頃、勉学や手習いに用いられたとされる井戸

胞衣塚(えなづか)現在は涸れており、吉祥院天満宮境内に硯の水を記念して新たに造られた井戸を示すものである。






道真公のへその緒を埋めたと伝えられる
菅公
胞衣塚(えなづか)


吉祥院天満宮
吉祥院天満宮にお参りも済ませて、学問の神様は如何なるご利益をくださるのか
snk_6224.jpg

snk_6229.jpg

中の坪公園
木陰をさがして、中ノ坪公園での昼食
中ノ坪公園
次月例会のコースについて、3班リーダーの森さんから説明が
次月は6月7日(火) "深緑の井手の里を散策"  JR奈良線_山城多賀駅 AM9:30集合
6月例会 玉川
千本通りを南下
千本通り
     旧千本通りにはところどころに、この様な古い家並みが残っています
     千本通り 旧家
恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)に到着
恋塚浄禅寺

恋塚「恋塚恋塚浄禅寺浄禅寺」は、北面の武士だった遠藤盛遠が渡辺左衛門尉源渡の妻_袈裟御前に横恋慕し、夫の命を守るために自ら夫の身代わりとなって殺された袈裟御前の首を埋めた塚、

鳥羽地蔵
本堂には本尊阿弥陀如来立像、観音堂には11面観音立像を安置しています。地蔵堂に安置している地蔵菩薩像は、平安時代初めに、小野篁(おののたかむら)が、一度冥土へ行った際に生身の地蔵尊を拝んだことで蘇った後、一木から六体の地蔵を彫りだした内の一つという伝説があります
鳥羽地蔵
        鳥羽地蔵
       鳥羽地蔵

六地蔵
京都では、8月22日・23日の両日に、都の入口(旧街道)六ヵ所にあるお地蔵さんを巡拝して、家内安全、無病息災を祈願する「六地蔵巡り」が行われます。各寺で授与された六種のお幡(はた)を入り口に吊すと、厄病退散、福徳招来するといわれており、800年も続いている伝統行事です。
六つの地蔵尊は
1.奈良街道-大善寺-伏見六地蔵
2.西国街道-浄禅寺-鳥羽地蔵
3.丹波街道-地蔵寺-桂地蔵
4.周山街道-源光寺-常盤地蔵
5.若狭街道-上善寺-鞍馬口地蔵
6.東海道 -徳林庵-山科地蔵

 六体のお地蔵さんは、平安時代の初め小野篁(おののたかむら)が、一度息絶えて冥土に行き、生身の地蔵菩薩を拝して甦った後に、一本の大木から六体の地蔵菩薩を刻み、大善寺(六地蔵)に祀ったといわれ、その後、平清盛が保元年間(1156-1159)に西光法師に命じ、都を往来する旅人たちの路上安全、庶民の疫病退散、福徳招来を願って、都に通じる主要街道の入り口に地蔵堂を建て祀ったことから六地蔵巡りの風習がが生まれたといわれる

終点の近鉄・竹田駅へ
snk_6267.jpg
クールダウンストレッチで明日のために疲れ取り、解散です。
近鉄 竹田駅

近日の気温変化に未だ身体が慣れていなく、昼頃からの暑さには少々疲れました。
皆さま、お疲れさまでした。
担当の2班の皆様、ご苦労さまでした。





協力事業


平成29年4月25日(火)
場所 うじ安心館 3Fホール

時間 午前9時30分より
出席者 宇治市健康生きがい課 小田川保健師様
       国民健康保険課 中川主査様、高田保健師様
     Uji健歩会 33名

協力事業レシピ
協力事業説明会の開催について、担当の小田川保健師様より
小田川保健師
林 新会長の挨拶
林新会長
新任の森 協力事業部長の挨拶
森事業部長
本年度より"てくてく会"を国民健康保険課にて担当して頂くことになり、
中川主査様よりご挨拶
国民健康保険課
参加会員の皆様がた
協力事業説明会

協力事業 

【各協力事業内容の説明】

定保健指導 てくてく会
 特定健診結果で、生活習慣病予防のために生活改善が必要な人を対象に、
 運動・食事について伝え、生活を改善することで健診結果の改善を図る。



ォーキングマップ作成
 健康ウォーキングの普及啓発を図るために、宇治市内のウォーキングコースの開拓。
   ・ ウォーキングマップの内容について検討
   ・ 初心者向けの短距離のウォーキングコースの作成


健康イベント
 多くの市民が参加するイベント等で実践的な運動(ストレッチ)を普及啓発する
             スポーツまつり、うー茶んフェスタ等


各班で参加事業・日程・参加者を決める打合せ

協力事業協力事業説明会
Ⅰ班
1班

1班

2班

2班

3班

3班

4班

4班



Uji健歩会年次総会

平成29年4月21日(金) 9:30~  
宇治市生涯学習センター第2ホール
 
出席会員 48名


総会受付の皆さん
受付
式次第
15回年次総会式次第

●第1部 (午前の部)
定刻になり、第15回年次総会開会を宣する二木副会長
sIMG_59g87.jpg
会員57名中48名の皆さんが参加されました
sIMG_6g09.jpg
会長挨拶  
(矢野会長)
sIMG_5g93.jpg
今回の総会にて会長を退任されます。
長い間、Uji健歩会にご尽力いただきまして有難うございました。
これからも健康にご留意いただき、後進のご指導等宜しくお願いします。
sIMG_59g94.jpg
来賓祝辞  宇治市健康長寿部 部長 藤田 佳也様より 
宇治市長の祝辞代読とお言葉を頂きました
「本市では平成27年3月に、宇治市健康づくり食育推進計画を策定し、市民と町が共に取り組む健康長寿日本一を基本目標に位置付け、市民の皆さまのライフステージに応じた総合的な健康作りに取り組んでいます・・・・・・・・」
sIMG_59g98.jpg
ご来賓の皆様方
宇治市健康長寿部 部長   藤田 佳也様
        副部長   大下 勝宣様
   国民健康保険課 課長 柏木 三奈様
           主幹 中村 明美様
           主査 中川 智子様
   健康生きがい課 副課長 矢部 昌弘様
            係長 三好 小百合様
           保健師 小田川 敦様
           保健師 伊川 喜美様
           保健師 高田 智恵子様

sIMG_59g89.jpg
出席会員の皆さん
sIMG_6g023.jpg

sIMG_59g96.jpg

sIMG_6g17.jpg

総会
  新会員入会式    
養成講座を修了され、めでたく4名の方が入会されましたsIMG_6g020.jpg

 総会議事 
本日の議長として、3班の山本さんが選出されました

sIMG_6g006.jpg

 平成28 年度事業_報告事項
総会、役員会、他団体関係活動報告  (
矢野会長兼事務局長)
sIMG_60g21.jpg
協力事業部報告  (
平松協力事業部長)
sIMG_60g31.jpg
研修事業部報告 (
奥村研修事業部長)
sIMG_6gj3.jpg
ウォーキング事業部報告  (
田中丈事業部長)
sIMG_60g7.jpg 
会計報告 (
加藤会計担当)
sIMG_60g47 (1)
会計監査報告 
 (野畑監査人)
sIMG_60g47 (2)
引き続き、決議事項
第1号議案 平成29年度 会長・役員改選、第2号議案 平成29年度事業計画
第3号議案 平成29年度 予算 が説明後、審議され承認可決されました。

続きまして 林 新会長の挨拶
sIMG_60ghg.jpg
退任幹事さん、
長い間骨折り頂きまして有難うございました。お疲れさまでした。
sIMG_60gnb.jpg
新任幹事さん、
Uji健歩会への頑張よろしくお願いいたします。
sIMG_60g71 (2)
今年度も担当していただきます小田川保健師さんより一言
sIMG_60g71 (1)
閉会の辞

森 副会長の閉会の辞で総会は滞りなく終了しました
sIMG_60g73.jpg
役員の皆様、1年間ご苦労様でした。
  今後も当会への更なるご尽力をお願い致します。
sIMG_6g77.jpg

●第2部(午後の部)
食事会

    会場 京料理「宇治川」
(宇治橋たもと)
 出席会員 45名

京料理_宇治川
今期から新会長として、Uji健歩会を牽引される林 会長より挨拶
sIM_6087.jpg
新入会員の歓迎会も兼ねている懇親会で、2班_野間さんより一言
sIM_6088.jpg
3班_川上さんより
sIM_6090.jpg
4班_巽さんより
sIM_6096.jpg
新副会長の森さんによる乾杯の音頭 "乾 杯"
sIM_6099.jpg
京料理「宇治川」での懇親会の様子
懇親会
窓からは、八重の桜や新緑を通して宇治橋が見えます
宇治川
1班の懇親会の様子
懇親会

懇親会

懇親会

Uji健歩会

15週年
2班の懇親会の様子
懇親会

Uji健歩会

懇親会

15周年

Uji健歩会
3班の懇親会の様子
懇親会

Uji健歩会

15周年

懇親会

Uji健歩会
4班の懇親会の様子
懇親会

Uji健歩会

Uji健歩会

懇親会

Uji健歩会




桜めぐり


 京の桜めぐりウォーク ( 岡崎>黒谷>吉田山>高野川 )

  雨天により順延になり花散らしの雨や風にも耐え、今日は早咲きの桜に加え遅咲きの桜までも咲き競い、先週では見ることの出来なったであろう絶好のお花見日和りに恵まれました。
  満開の「疏水こみち」、「六勝寺のこみち」から岡崎公園、金戒光明寺、白川疏水道、高野川へと短期間に咲き誇るサクラを堪能しました。


平成29年 4月14日(金) 
集合時間  午前9時30分
集合場所  三条大橋西詰河川敷
行   程
三条大橋 ⇒ 疏水こみち ⇒ 六勝寺のこみち ⇒  岡崎公園 ⇒ 金戒光明寺 ⇒ 真如堂 ⇒ 竹中稲荷神社⇒ 吉田山(昼食) ⇒ 白川疏水道 ⇒ 御蔭通り ⇒ 高野川 ⇒ 糺の森 (解散・約8Km)

解 散 午後1時50分

参加者  一般参加者38名、 会員 28名  合計 66名


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三条大橋河川敷へ集まる参加者の皆さん
三条大橋
しだれ桜が満開
三条大橋
出発式です
花見挨拶
矢野会長のあいさつ
会長挨拶
1班リーダーの内立元さんからコース説明
行程説明
        桜スポット
快晴の下で、ウォーミングアップも伸びのびと
準備体操
春の日差しを全身に受け元気にスタートしました
ウォーキングスタート
気分も春、お喋りもはずみます
ウォーキングスタート
鴨川沿いに満開の桜がいたるところで見られます
鴨川
疏水の鴨川放流口にかかる田辺橋です
鴨川
疏水に立ち並ぶ桜は見事な満開
疏水

                疏水こみち
満開の冷泉通り歩道(疏水こみち)を進んで行きます
疏水こみち
"こんにちは"  可愛いもみじ手を振って 
幼稚園
満開の疏水こみち散策をお楽しみ下さい
疏水こみち桜

疏水こみち
ここの桜は花と同時に若葉も出ています
桜
夷川発電所の放流口
夷川ダム

岡崎疏水
超満開ですね  
岡崎

冷泉通り

六勝寺のこみち
六勝寺のこみちを散策
sk_5816.jpg
この一帯に勝の字が付く六つのお寺(法勝寺、尊勝寺、最勝寺、円勝寺、成勝寺、延勝寺)が有ったことから、その名で親しまれる"六勝寺のこみち"
               六勝寺のこみち

sk_5820.jpg
平安神宮の大鳥居の朱色も一段と鮮やかです
平安神宮大鳥居
鴨東運河の川面に垂れる桜
鴨東運河
慶流橋と桜、東山 絵になりますね
慶流橋
岡崎公園_しだれ桜
平安神宮しだれ桜
岡崎公園で小休止
平安神宮休憩

平安神宮休憩
黒谷方面に向かって出発しました
平安神宮出発
会津藩の本陣や新選組誕生など幕末の舞台となった金戒光明寺
金戒光明寺

金戒光明寺
山門の周辺も桜で満開です
金戒光明寺山門
山門と桜に見とれています
金戒光明寺山門

金戒光明寺山門
三重塔方向も満開の桜に見とれて思わず足を止めました
金戒光明寺三重塔

金戒光明寺山門
真如堂も桜は満開です
真如堂
秋の燃えるような紅葉とはまた別の趣です
真如堂山門
五重塔も桜と若葉で映えています
真如堂五重塔
桜に飾られた大文字が見えます
真如堂大文字

真如堂境内
境内も桜、新緑、深緑、紅葉と四季折々の顔を見せてくれます
真如堂本堂

sk_b1919.jpg
吉田山荘付近を散策
吉田山荘
竹中稲荷神社
竹中稲荷神社
吉田山公園へ到着
吉田山
昼食中です
吉田山
次月の例会について2班リーダー司馬さんから説明
吉田山
午後のコース説明
吉田山
午後のコースに向かって吉田山を下山
吉田山

吉田山
今出川通りの吉田神社鳥居へ下山
吉田山鳥居
子安観音
子安観世音は、鎌倉時代中期ごろの作とされる。いくつかあるエピソードの中でも、豊臣秀吉を負かしたことで有名だ。
ある日、秀吉に気に入られ、聚楽第(じゅらくだい)に連れ去られた。しかし、「白川に戻せ」と毎夜うなり声を上げ、元の地に戻されたという。
文政十三(一八三〇)年の白川村の大火では、両手と首がちぎれ「首切れ地蔵」と呼ばれた。その後、村の入口に当たる現在地に移され、子授けや安全の願いをかなえ、子どもの成長を守る観音として信仰を集めた。
                            (京都新聞;ふるさと昔語りから)
子安観音
白川疏水道へとやってきました
北白川疏水道
この辺の桜は昨日の風雨にて散ったみたいです
北白川疏水道
御蔭通りを進行中です
御蔭通り
高野川の桜、見事です
高野川桜
毎年見れる桜ですが、今日は一段と美しく感じられます
高野川河川敷

高野川桜
    高野川の鴨も気持ちよく水遊びです
    鴨高野川
水音と満開の桜、いいですね
高野川桜

    糺の森
終点の糺の森へ到着、お疲れさまでした
下賀茂神社
クールダウンストレッチで疲れを取って解散です グーッと一杯行きましょうか
糺の森


参加の皆さんお疲れ様でした。
担当の1班の皆様、ご苦労さまでした。
今日は各スポットに広がる満開の桜に堪能しました。
雨で1週間延期になり「果報は寝て待て」のことわざの通り、
今日はこんなきれいな風景、そうざらにあるものではありません。
1班の皆様、次もよろしくお願いします。