吉祥院天満宮

       京都駅南部の神社・仏閣を巡る

  ゴールデンウイークも終わり初夏のすがすがしい晴天のもと、西大路駅近くの公園に集合し、京都駅南部付近に点在する「若一神社」、「吉祥院天満宮」、「鳥羽地蔵」などを巡り、平安期の歴史上のニッチな部分を考える歴史散策を行いました。

平成29年 5月 11日(木)  
集合時間 午前9時30分
集合場所 JR西大路駅
行   程
JR西大路駅 ⇒ 若一神社 ⇒ 西大路九条 ⇒ 吉祥院天満宮 ⇒ 中ノ坪公園(昼食) ⇒ 恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵) ⇒ 近鉄_竹田駅   距離(約6.5Km)
解 散 午後2時

参加者
 一般参加者 35名、  会員35名   計70名
   

晴れ渡った空のもと5月例会のオープニング、林会長の挨拶
Uji健歩会

西大路駅公園
担当2班のリーダー、司馬さんによる例会コースの説明
snk_61b62.jpg
例会地図
2班、岡本さん指揮によるストレッチ
Uji健歩会ストレッチ
清々しい朝、出発します
例会スタート

階段

若一神社楠
楠などの木々に覆われた「若一神社」に到着
若一神社
                              平清盛公お手植えの楠
若一神社由緒平清盛公お手植え

若一神社
宮司さんから、若一神社の由緒について説明を受けています
若一神社
平清盛公が開運出世について祈ったところ、太政大臣に任じられたことから開運出世の神様として尊崇されています
平清盛
西大路通りを進んでいます
西大路通りを進行
川の大きさの割には、水が殆ど流れていない西高瀬川沿いに吉祥院方面へ
(徐々に気温が上がって、熱中症注意です)
西高瀬川
吉祥院天満宮へ到着
吉祥院天満宮
菅原道真公がおなくなりになって31年目に当たる承平四年(934)に菅原家ゆかりの道真公御誕生の地に朱雀天皇の勅命により創建された最初の天満宮である。
菅原道真はこの地で845年(承和12年)に誕生し、18歳で転居するまでこの地で過ごしたとされる
吉祥院天満宮

吉祥院天満宮宮司
宮司さんより天満宮の由緒について説明に聞き入る
(外は暑く皆はテントへ入り聞いていますが、宮司さんは炎天下で暑かったでしょう)
snk_6215.jpg

硯の水硯(すずり)の水
道真公幼少の頃、勉学や手習いに用いられたとされる井戸

胞衣塚(えなづか)現在は涸れており、吉祥院天満宮境内に硯の水を記念して新たに造られた井戸を示すものである。






道真公のへその緒を埋めたと伝えられる
菅公
胞衣塚(えなづか)


吉祥院天満宮
吉祥院天満宮にお参りも済ませて、学問の神様は如何なるご利益をくださるのか
snk_6224.jpg

snk_6229.jpg

中の坪公園
木陰をさがして、中ノ坪公園での昼食
中ノ坪公園
次月例会のコースについて、3班リーダーの森さんから説明が
次月は6月7日(火) "深緑の井手の里を散策"  JR奈良線_山城多賀駅 AM9:30集合
6月例会 玉川
千本通りを南下
千本通り
     旧千本通りにはところどころに、この様な古い家並みが残っています
     千本通り 旧家
恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)に到着
恋塚浄禅寺

恋塚「恋塚恋塚浄禅寺浄禅寺」は、北面の武士だった遠藤盛遠が渡辺左衛門尉源渡の妻_袈裟御前に横恋慕し、夫の命を守るために自ら夫の身代わりとなって殺された袈裟御前の首を埋めた塚、

鳥羽地蔵
本堂には本尊阿弥陀如来立像、観音堂には11面観音立像を安置しています。地蔵堂に安置している地蔵菩薩像は、平安時代初めに、小野篁(おののたかむら)が、一度冥土へ行った際に生身の地蔵尊を拝んだことで蘇った後、一木から六体の地蔵を彫りだした内の一つという伝説があります
鳥羽地蔵
        鳥羽地蔵
       鳥羽地蔵

六地蔵
京都では、8月22日・23日の両日に、都の入口(旧街道)六ヵ所にあるお地蔵さんを巡拝して、家内安全、無病息災を祈願する「六地蔵巡り」が行われます。各寺で授与された六種のお幡(はた)を入り口に吊すと、厄病退散、福徳招来するといわれており、800年も続いている伝統行事です。
六つの地蔵尊は
1.奈良街道-大善寺-伏見六地蔵
2.西国街道-浄禅寺-鳥羽地蔵
3.丹波街道-地蔵寺-桂地蔵
4.周山街道-源光寺-常盤地蔵
5.若狭街道-上善寺-鞍馬口地蔵
6.東海道 -徳林庵-山科地蔵

 六体のお地蔵さんは、平安時代の初め小野篁(おののたかむら)が、一度息絶えて冥土に行き、生身の地蔵菩薩を拝して甦った後に、一本の大木から六体の地蔵菩薩を刻み、大善寺(六地蔵)に祀ったといわれ、その後、平清盛が保元年間(1156-1159)に西光法師に命じ、都を往来する旅人たちの路上安全、庶民の疫病退散、福徳招来を願って、都に通じる主要街道の入り口に地蔵堂を建て祀ったことから六地蔵巡りの風習がが生まれたといわれる

終点の近鉄・竹田駅へ
snk_6267.jpg
クールダウンストレッチで明日のために疲れ取り、解散です。
近鉄 竹田駅

近日の気温変化に未だ身体が慣れていなく、昼頃からの暑さには少々疲れました。
皆さま、お疲れさまでした。
担当の2班の皆様、ご苦労さまでした。





協力事業


平成29年4月25日(火)
場所 うじ安心館 3Fホール

時間 午前9時30分より
出席者 宇治市健康生きがい課 小田川保健師様
       国民健康保険課 中川主査様、高田保健師様
     Uji健歩会 33名

協力事業レシピ
協力事業説明会の開催について、担当の小田川保健師様より
小田川保健師
林 新会長の挨拶
林新会長
新任の森 協力事業部長の挨拶
森事業部長
本年度より"てくてく会"を国民健康保険課にて担当して頂くことになり、
中川主査様よりご挨拶
国民健康保険課
参加会員の皆様がた
協力事業説明会

協力事業 

【各協力事業内容の説明】

定保健指導 てくてく会
 特定健診結果で、生活習慣病予防のために生活改善が必要な人を対象に、
 運動・食事について伝え、生活を改善することで健診結果の改善を図る。



ォーキングマップ作成
 健康ウォーキングの普及啓発を図るために、宇治市内のウォーキングコースの開拓。
   ・ ウォーキングマップの内容について検討
   ・ 初心者向けの短距離のウォーキングコースの作成


健康イベント
 多くの市民が参加するイベント等で実践的な運動(ストレッチ)を普及啓発する
             スポーツまつり、うー茶んフェスタ等


各班で参加事業・日程・参加者を決める打合せ

協力事業協力事業説明会
Ⅰ班
1班

1班

2班

2班

3班

3班

4班

4班



Uji健歩会年次総会

平成29年4月21日(金) 9:30~  
宇治市生涯学習センター第2ホール
 
出席会員 48名


総会受付の皆さん
受付
式次第
15回年次総会式次第

●第1部 (午前の部)
定刻になり、第15回年次総会開会を宣する二木副会長
sIMG_59g87.jpg
会員57名中48名の皆さんが参加されました
sIMG_6g09.jpg
会長挨拶  
(矢野会長)
sIMG_5g93.jpg
今回の総会にて会長を退任されます。
長い間、Uji健歩会にご尽力いただきまして有難うございました。
これからも健康にご留意いただき、後進のご指導等宜しくお願いします。
sIMG_59g94.jpg
来賓祝辞  宇治市健康長寿部 部長 藤田 佳也様より 
宇治市長の祝辞代読とお言葉を頂きました
「本市では平成27年3月に、宇治市健康づくり食育推進計画を策定し、市民と町が共に取り組む健康長寿日本一を基本目標に位置付け、市民の皆さまのライフステージに応じた総合的な健康作りに取り組んでいます・・・・・・・・」
sIMG_59g98.jpg
ご来賓の皆様方
宇治市健康長寿部 部長   藤田 佳也様
        副部長   大下 勝宣様
   国民健康保険課 課長 柏木 三奈様
           主幹 中村 明美様
           主査 中川 智子様
   健康生きがい課 副課長 矢部 昌弘様
            係長 三好 小百合様
           保健師 小田川 敦様
           保健師 伊川 喜美様
           保健師 高田 智恵子様

sIMG_59g89.jpg
出席会員の皆さん
sIMG_6g023.jpg

sIMG_59g96.jpg

sIMG_6g17.jpg

総会
  新会員入会式    
養成講座を修了され、めでたく4名の方が入会されましたsIMG_6g020.jpg

 総会議事 
本日の議長として、3班の山本さんが選出されました

sIMG_6g006.jpg

 平成28 年度事業_報告事項
総会、役員会、他団体関係活動報告  (
矢野会長兼事務局長)
sIMG_60g21.jpg
協力事業部報告  (
平松協力事業部長)
sIMG_60g31.jpg
研修事業部報告 (
奥村研修事業部長)
sIMG_6gj3.jpg
ウォーキング事業部報告  (
田中丈事業部長)
sIMG_60g7.jpg 
会計報告 (
加藤会計担当)
sIMG_60g47 (1)
会計監査報告 
 (野畑監査人)
sIMG_60g47 (2)
引き続き、決議事項
第1号議案 平成29年度 会長・役員改選、第2号議案 平成29年度事業計画
第3号議案 平成29年度 予算 が説明後、審議され承認可決されました。

続きまして 林 新会長の挨拶
sIMG_60ghg.jpg
退任幹事さん、
長い間骨折り頂きまして有難うございました。お疲れさまでした。
sIMG_60gnb.jpg
新任幹事さん、
Uji健歩会への頑張よろしくお願いいたします。
sIMG_60g71 (2)
今年度も担当していただきます小田川保健師さんより一言
sIMG_60g71 (1)
閉会の辞

森 副会長の閉会の辞で総会は滞りなく終了しました
sIMG_60g73.jpg
役員の皆様、1年間ご苦労様でした。
  今後も当会への更なるご尽力をお願い致します。
sIMG_6g77.jpg

●第2部(午後の部)
食事会

    会場 京料理「宇治川」
(宇治橋たもと)
 出席会員 45名

京料理_宇治川
今期から新会長として、Uji健歩会を牽引される林 会長より挨拶
sIM_6087.jpg
新入会員の歓迎会も兼ねている懇親会で、2班_野間さんより一言
sIM_6088.jpg
3班_川上さんより
sIM_6090.jpg
4班_巽さんより
sIM_6096.jpg
新副会長の森さんによる乾杯の音頭 "乾 杯"
sIM_6099.jpg
京料理「宇治川」での懇親会の様子
懇親会
窓からは、八重の桜や新緑を通して宇治橋が見えます
宇治川
1班の懇親会の様子
懇親会

懇親会

懇親会

Uji健歩会

15週年
2班の懇親会の様子
懇親会

Uji健歩会

懇親会

15周年

Uji健歩会
3班の懇親会の様子
懇親会

Uji健歩会

15周年

懇親会

Uji健歩会
4班の懇親会の様子
懇親会

Uji健歩会

Uji健歩会

懇親会

Uji健歩会




桜めぐり


 京の桜めぐりウォーク ( 岡崎>黒谷>吉田山>高野川 )

  雨天により順延になり花散らしの雨や風にも耐え、今日は早咲きの桜に加え遅咲きの桜までも咲き競い、先週では見ることの出来なったであろう絶好のお花見日和りに恵まれました。
  満開の「疏水こみち」、「六勝寺のこみち」から岡崎公園、金戒光明寺、白川疏水道、高野川へと短期間に咲き誇るサクラを堪能しました。


平成29年 4月14日(金) 
集合時間  午前9時30分
集合場所  三条大橋西詰河川敷
行   程
三条大橋 ⇒ 疏水こみち ⇒ 六勝寺のこみち ⇒  岡崎公園 ⇒ 金戒光明寺 ⇒ 真如堂 ⇒ 竹中稲荷神社⇒ 吉田山(昼食) ⇒ 白川疏水道 ⇒ 御蔭通り ⇒ 高野川 ⇒ 糺の森 (解散・約8Km)

解 散 午後1時50分

参加者  一般参加者38名、 会員 28名  合計 66名


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三条大橋河川敷へ集まる参加者の皆さん
三条大橋
しだれ桜が満開
三条大橋
出発式です
花見挨拶
矢野会長のあいさつ
会長挨拶
1班リーダーの内立元さんからコース説明
行程説明
        桜スポット
快晴の下で、ウォーミングアップも伸びのびと
準備体操
春の日差しを全身に受け元気にスタートしました
ウォーキングスタート
気分も春、お喋りもはずみます
ウォーキングスタート
鴨川沿いに満開の桜がいたるところで見られます
鴨川
疏水の鴨川放流口にかかる田辺橋です
鴨川
疏水に立ち並ぶ桜は見事な満開
疏水

                疏水こみち
満開の冷泉通り歩道(疏水こみち)を進んで行きます
疏水こみち
"こんにちは"  可愛いもみじ手を振って 
幼稚園
満開の疏水こみち散策をお楽しみ下さい
疏水こみち桜

疏水こみち
ここの桜は花と同時に若葉も出ています
桜
夷川発電所の放流口
夷川ダム

岡崎疏水
超満開ですね  
岡崎

冷泉通り

六勝寺のこみち
六勝寺のこみちを散策
sk_5816.jpg
この一帯に勝の字が付く六つのお寺(法勝寺、尊勝寺、最勝寺、円勝寺、成勝寺、延勝寺)が有ったことから、その名で親しまれる"六勝寺のこみち"
               六勝寺のこみち

sk_5820.jpg
平安神宮の大鳥居の朱色も一段と鮮やかです
平安神宮大鳥居
鴨東運河の川面に垂れる桜
鴨東運河
慶流橋と桜、東山 絵になりますね
慶流橋
岡崎公園_しだれ桜
平安神宮しだれ桜
岡崎公園で小休止
平安神宮休憩

平安神宮休憩
黒谷方面に向かって出発しました
平安神宮出発
会津藩の本陣や新選組誕生など幕末の舞台となった金戒光明寺
金戒光明寺

金戒光明寺
山門の周辺も桜で満開です
金戒光明寺山門
山門と桜に見とれています
金戒光明寺山門

金戒光明寺山門
三重塔方向も満開の桜に見とれて思わず足を止めました
金戒光明寺三重塔

金戒光明寺山門
真如堂も桜は満開です
真如堂
秋の燃えるような紅葉とはまた別の趣です
真如堂山門
五重塔も桜と若葉で映えています
真如堂五重塔
桜に飾られた大文字が見えます
真如堂大文字

真如堂境内
境内も桜、新緑、深緑、紅葉と四季折々の顔を見せてくれます
真如堂本堂

sk_b1919.jpg
吉田山荘付近を散策
吉田山荘
竹中稲荷神社
竹中稲荷神社
吉田山公園へ到着
吉田山
昼食中です
吉田山
次月の例会について2班リーダー司馬さんから説明
吉田山
午後のコース説明
吉田山
午後のコースに向かって吉田山を下山
吉田山

吉田山
今出川通りの吉田神社鳥居へ下山
吉田山鳥居
子安観音
子安観世音は、鎌倉時代中期ごろの作とされる。いくつかあるエピソードの中でも、豊臣秀吉を負かしたことで有名だ。
ある日、秀吉に気に入られ、聚楽第(じゅらくだい)に連れ去られた。しかし、「白川に戻せ」と毎夜うなり声を上げ、元の地に戻されたという。
文政十三(一八三〇)年の白川村の大火では、両手と首がちぎれ「首切れ地蔵」と呼ばれた。その後、村の入口に当たる現在地に移され、子授けや安全の願いをかなえ、子どもの成長を守る観音として信仰を集めた。
                            (京都新聞;ふるさと昔語りから)
子安観音
白川疏水道へとやってきました
北白川疏水道
この辺の桜は昨日の風雨にて散ったみたいです
北白川疏水道
御蔭通りを進行中です
御蔭通り
高野川の桜、見事です
高野川桜
毎年見れる桜ですが、今日は一段と美しく感じられます
高野川河川敷

高野川桜
    高野川の鴨も気持ちよく水遊びです
    鴨高野川
水音と満開の桜、いいですね
高野川桜

    糺の森
終点の糺の森へ到着、お疲れさまでした
下賀茂神社
クールダウンストレッチで疲れを取って解散です グーッと一杯行きましょうか
糺の森


参加の皆さんお疲れ様でした。
担当の1班の皆様、ご苦労さまでした。
今日は各スポットに広がる満開の桜に堪能しました。
雨で1週間延期になり「果報は寝て待て」のことわざの通り、
今日はこんなきれいな風景、そうざらにあるものではありません。
1班の皆様、次もよろしくお願いします。





幻住庵

  「文学のふるさと_石山寺方面を訪ねて」

  集合場所の石山駅広場では松尾芭蕉像や紫式部の肖像画に迎えられ、今回の散策は「奥の細道」の旅を終えた芭蕉が疲れを癒した「幻住庵」、「源氏物語」の構想を練ったという紫式部ゆかりの地「石山寺」に向けて、文学のふるさとを訪ねるコースで行われました。
  「幻住庵」への山道や瀬田川沿い散策では、待たれる春の息吹がそこまで来ているのが感じられる1日でした。


平成29年 3月29日(水) 
集合時間  午前9時35分
集合場所  JR石山駅南側2F広場
行   程
石山駅 ⇒ 聖徳太子堂 ⇒ 幻住庵 ⇒  近津尾神社 ⇒ 石山寺(昼食) ⇒ 京阪石山寺駅 ⇒ 瀬田川沿い散策路 ⇒ 瀬田唐橋 ⇒ JR石山駅 (解散・約8.5Km)

解 散 午後2時15分

参加者 31名

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    紫式部、松尾芭蕉、文学のふるさと「石山」
    紫式部、松尾芭蕉
石山駅の二階屋上に集まる会員の皆さん
石山駅
芭蕉翁は立並ぶ呑み屋の看板の前でどのような句を考えているのでしょうか?

松尾芭蕉
ウォーキング事業部_田中部長より開会宣言
石山駅
矢野会長の挨拶
石山駅
金沢さんから例会コースの説明
石山駅
石山寺コース
説明を聞かれている参加者の皆さん
石山駅
岡本インストラクターによるストレッチ
石山駅
出発します。
石山駅
石山の街中を進んで行きます
石山市街

Uji健歩会

Uji健歩会

Uji健歩会

Uji健歩会
下に見えるのは名神高速道路
名神高速道路

       幻住庵

近津尾神社
近津尾神社の一の鳥居が見えてきました。
近津尾神社
そこを曲がって行けば、太子堂、幻住庵、近津尾神社
聖徳太子堂
急坂道です、頑張って下さい
聖徳太子堂
ここからは階段です。もう一息
聖徳太子堂
聖徳太子_太子堂です。聖徳太子の二歳像が安置されています。
聖徳太子堂
太子堂横から、琵琶湖一望の素晴らしい見晴らしです。
琵琶湖一望
見惚れている皆さん! 
琵琶湖ビュー
    この辺に数本生えている木
   "この木何の木、気になる木、名前も知らない木ですから"
    どなたか教えて下さい。 この丸いものは種ですか?
    これ何の木
急階段です、一歩一歩注意して下さい
急階段_聖徳太子堂
階段を下りると、すぐ前に幻住庵への登り階段がまた始まります。
幻住庵案内
     ところどころに句碑 (水の音が感じられる句ですね)
     芭蕉句碑
せせらぎ散策路 (とくとくの清水から溢れた水の奏でる音を楽しむ潤いのある散策路)
幻住庵へ
   句碑フットライト(陶板句碑をはめ込んでいます)
   フットライト
「とくとくの清水」を横に見ながら
幻住庵階段
幻住庵について管理人のガイドさんから説明を聞きました。
幻住庵ガイドさん

       幻住庵

幻住庵
石山の奥、岩間のうしろに山あり、国分山といふ・・・」で始まる「幻住庵記」は、ここでの庵住の生活のなかから生れ、松尾芭蕉は「おくの細道」の旅の翌年の約4ヵ月の間この庵で暮らしていた。
幻住庵

幻住庵

幻住庵
    床の間には、芭蕉行脚図(弟子の森川許六筆)の模写掛軸
    幻住庵床の間
芭蕉も眺めていたであろう、近江富士(三上山)や石山、草津方面
幻住庵からの一望
この灯籠は珍しい灯籠でキリシタン灯籠というらしい
芭蕉が隠密であったとか、キリシタンであったとか言う説も・・・・との説明が

灯籠の説明

近津尾神社
近津尾神社 (石山寺の鎮守社)
近津尾神社
この付近の案内板
多羅川緑地

多羅川緑地散策
多羅川緑地を散策
多羅川緑地
歩き疲れて、お腹が減ってきました。
石山寺へ
石山寺へ到着。
紫式部はこの寺で源氏物語を構想し、その一節の筆を取ったと伝えられている。

石山寺
春の日差しの下で昼食
石山昼食
青鬼の小唄碑、聞いたことは有りません
寒桜

石山寺昼食
早咲きの寒桜と石山寺のコラボ、絵はがきになりますね。
寒桜
お腹もふくれたし、そろそろ出発しましょうか
石山寺休憩
石山寺の門前街を散策
石山寺散策

石山寺付近
春の気配を感じ、広々とした瀬田川を眺め、ゆったりとしている一行
瀬田川
      瀬田川の川面で春の日差しに戯れる鴨たち
     瀬田川_鴨

瀬田川散策
向こうに見えるのは瀬田唐橋です。
瀬田唐橋
瀬田川を背景に集合写真
瀬田川集合写真
14:05 石山駅に到着しました。 お疲れさまでした。
JR石山駅へ到着
新型ストレッチを披露する平松さん、動きの速いのもいいですね
新型ストレッチ

おおつ光ルくん

皆様お疲れさまでした。
朝から好天で、春爛漫もすぐそこに感じられる絶好のウォーク日和でした。
ウォーキング事業部、役員の皆様ご苦労さまでした。
次回も楽しいウォーク案内をお願い致します。