青谷梅林


  「城陽_青谷の観梅と天山散策道を巡る」

寒の戻りか、今朝はいちだんと冷え込み寒風吹く開会となりましたが、近年稀に見る多くの方々に参加して頂きました。
例会は、長池駅から春の芽吹きも感じられる田園地帯を散策し、梅花香る山城青谷方面へ観梅ウォーキングへと出向きました。多少天候の移り変わりが気になる日でしたが、途中、雨乞い地蔵、天井川、梅林まつり、堂山・天山散策道などを巡り、早春の1日を楽しむことが出来ました。


平成29年 3月 7日(火) 
集合時間  午前9時30分
集合場所  JR長池駅前広場
行   程
長池駅 ⇒ 大蓮寺 ⇒ 雨ごい地蔵 ⇒ 天井川見学 ⇒ 青谷梅林_梅まつり会場(昼食) ⇒ 中天満神社⇒ 堂山見晴台 ⇒ 天山散策道(104m) ⇒ 南京都病院 ⇒ 西生寺 ⇒ 山城青谷駅前広場 (解散・約8.5Km)

解 散 午後2時15分

参加者 一般参加者 62名 会員 36名  合計 98名

宇治方面から列車が長池駅へ入ってきました
長池駅
大勢の参加者の皆さんが改札口へと
長池駅
"お早うございます"、"お久しぶり"、"お元気" と互いに挨拶を
長池駅
列車到着で急な応対でごったがえす受付
Uji健歩会
例会担当の4班リーダー米沢さん、大杉さん
リーダー
オープニング 矢野会長の挨拶
会長挨拶
大杉リーダーから今日のコース説明、注意事項について
行程説明
コースmap
山城青谷
ストレッチ体操で体をほぐして
ストレッチ
いざ、出発!   
長池駅出発
長池宿場通りを進行
長池商店街
郵便〒マークの入った鬼瓦に見入る(昔の郵便局)
〒
長池地区の鬼瓦文化                 
鬼瓦
大蓮寺
大蓮寺
嶋利兵衛の墓
aosatu.jpgこの地へ甘藷(サツマイモ)をもたらした嶋利兵衛は薬種問屋を営んでいたが、禁制品を扱った科で鬼界ケ島送りとなった。刑期終了後、サツマ芋(琉球芋)を持ち帰り栽培普及。寺田芋として、江戸時代ばかりでなく、戦後の食糧難時代にも大きく貢献しました。墓碑は奇妙な形ですが、寺田芋を模したもので「琉球芋宗匠嶋利兵衛」と刻まれています。
嶋利兵衛の墓
田畑が広がるのどかな道路へ
長池
1ヵ月後には農作業風景が所々で
アヤメロード
雨乞い地蔵
雨乞い地蔵
雨乞い地蔵

長池地区

田園
レールの向こうに見えるのが、これから向かう天井川です
天井川
天井川見学
天井川
天井川の青谷川
青谷川
天井川の下をJR奈良線の列車が通過
奈良線
青谷地区へ入って来ました
山城青谷
青谷地区でもいろんな鬼瓦が見られます
鬼瓦
屋号や家紋、苗字を使った鬼瓦
鬼瓦
         
鬼瓦
鬼瓦

山城青谷
梅も満開に近い、中天満神社 
中天満神社
青谷梅林は約1万本の梅の木が栽培されています。
青谷梅林
梅まつり会場への案内掲示板
梅まつり案内
満開の白梅、紅梅
白梅_紅梅

青谷梅林
梅まつり会場に到着
青谷梅林_梅まつり会場
昼食、 一時雪がちらちらと
青谷梅林
売店では、青谷梅林の梅を使った特産品などを販売
梅まつり
うどんやおでん、甘酒などの温かい食物を販売
梅まつり
時間になりましたので、集合願います。
梅まつり
来月の例会コース説明を1班の内立元さんから
梅まつり

梅まつり紅梅
お腹もふくれて、午後のコースへスタート
青谷梅林
今日の参加者の皆さまを紹介します。
青谷梅林
青谷梅林
青谷梅林
青谷梅林
青谷梅林
青谷梅林
青谷梅林
青谷梅林
青谷梅林
青谷梅林

堂山案内
堂山散策
堂山へ
堂山からの見晴らし
堂山見晴し
堂山見晴台、手前の蓋のしてあるドラム缶の中には竹炭が作ってありました。
堂山見晴台
見晴台の梅林もきれいに満開状態
堂山梅林
では、天山へ向かって出発します。
aouytr9.jpg
堂山を下って、天山へ
堂山下山

     天山散策道
竹薮の中を歩くのも気持ちが良いものです。(暑くなれば蚊で大変ですが)
天山散策道
天山の登りが始ました。
天山竹薮
散策道として階段が整備されています。
天山_階段
山の尾根です、両サイドは急斜面です、気を付けてくださいね。
天山_坂道
       天山頂上(104m)へ到着
       天山頂上
素晴らしい見晴らしですね
天山展望
下りの階段です
天山下山
南京都病院のところに出てきました。
南京都病院
国道307号線歩道を進行
国道307号

梅
青谷梅林バス停横の信号、"青ですよ!!  早く渡って!!"
青谷梅林バス停

西生寺へ
西生寺へ到着
西生寺
トイレ休憩です
西生寺
今日の見学等の予定は終了。後は約1.5Km程先の山城青谷駅へ向い解散。
JR山城青谷駅へ帰路


多数の参加者の皆様、お疲れさまでした。
4班の皆様ご苦労さまでした。
次回も宜しくお願いいたします。



太陽が丘 ふるさとの森


     「早春ウォーク 植物園・遊びの森を巡る」

暦の上では節分も終り立春を迎えたというのに、まだまだ真冬並みの寒さが続く中、ウォーキングマップ(第12版)の植物園・遊びの森コースを選定し、早春ウォーキングを実施しました。
今日は厳しい寒さも若干和らぎ、歩けば体も温まり一枚脱いだり、ボタンを外したりとウォーキングに適した日となり心地良く歩くことが出来ました。


平成29年 2月 8日(水) 
集合時間  午前9時30分
集合場所  JR新田駅前広場
行   程
JR新田駅前広場 ⇒ 円蔵院 ⇒ 大久保小学校 ⇒ 名木川遊歩道 ⇒ 植物公園 ⇒ 太陽が丘(ふるさとの森、遊びの広場、中央広場_昼食、城陽出口) ⇒ 尖山南公園 ⇒ 大久保小学校 ⇒ JR新田駅前広場 (解散・約8Km)

解 散 午後1時30分

参加者 一般参加者 44名 会員 31名  合計 75名

防寒対策充分な服装で開会を待つ参加者の皆さん
Uji健歩会
オープニング 矢野会長の挨拶
Uji健歩会
3班リーダーの森さんから今日のコース説明、注意事項について
Uji健歩会
コースmap
太陽が丘
ストレッチ体操で体をほぐして
ストレッチ
出発
新田駅を出発

Uji健歩会
円蔵院へ参拝
円蔵院
3班の岡田さんより、広野地区や円蔵院について説明
その昔、広野は桓武天皇(737~806)や嵯峨天皇(782~842)等が遊猟された山林原野でした。その後、豊臣秀吉の伏見城の書院を移し、建立したのが円蔵院と言われています。
円蔵院は藩領を通過する者を監視する関所とし、一旦事変があれば砦に変身し、寺とは名ばかりの城として建てられたものと考えられています。

円蔵院
大久保小学校から名木川へ
大久保小学校
名木川遊歩道散策
名木川遊歩道

名木川遊歩道

名木川遊歩道
植物公園へ到着
宇治植物公園
花と水のタペストリー
宇治市に因んだテーマやキャラクターの絵柄を、幅62m、高さ18mの壮大な雛壇(46段)に、3,675基のプランターを並べて描きます。
2017年の干支である「酉」の絵柄になっています。(宇治市植物公園ホームページから)

宇治植物公園
ワフラーブリッジを通って
フラワーブリッジ
植物公園での休憩
植物公園
この辺の地名「八軒屋谷」についての説明
太陽が丘の中央公園管理センターから西北にあるこの植物公園の辺りまでは八軒屋谷と呼ばれています。
八軒屋の言われは諸説ありますが、明治5年の前年に断行された廃藩置県に伴い、その時に蔵を管理していた藩士の一部がこの地に定住しましたが、家が八軒だったのでこの名がついたとの言われがあります。

八軒屋谷
太陽が丘へ、じぐざぐ登り道を
太陽が丘へ

太陽が丘へ
今日の参加者の皆様方
太陽が丘
太陽が丘
太陽が丘
太陽が丘
太陽が丘
太陽が丘
太陽が丘
太陽が丘
ふるさとの森を進む
ふるさとの森
    寒梅があちこちで
    寒梅

ふれあいの森
遊びの広場
遊びの広場

    遊びの広場

太陽が丘
太陽が丘中央広場、公園管理センター
太陽が丘公園センター
昼食風景
太陽が丘昼食
昼食後の歓談
太陽が丘昼食
    雪景色の比叡山
    比叡山
次月の例会について、4班リーダーの大杉さんから説明
 次月は「城陽・青谷の観梅と天山散策道を巡る」
次例会説明
午後のコースについての説明
午後のコース
    遠くには雪の被った愛宕山が
    愛宕山
太陽が丘の城陽出口に向かう
太陽が丘
寺山台付近を帰路に
寺山台

寺山台
皇大神宮社の前を通過、到着です。
皇大神宮社
新田駅に到着し、クールダウンストレッチを行い解散
クールダウンストレッチ


お疲れさまでした。
3班の皆様ご苦労さまでした。
次回も宜しくお願い致します。





朝霧橋


     新春初詣「朝日山観音」ウォーク

2017年の幕開けです。
本年も、明るく、楽しく、元気にウォーキングを共に楽しみましょう。
そろそろ正月気分も抜けて、今日はUji健歩会の初歩きです。
朝霧橋から琴坂、興聖寺を経て、朝日山に祀られている「朝日山観音」さまへ初詣し、志津川地区、天ヶ瀬、宇治川の沿道を巡る新春ウォークを開催しました。



平成29年 1月12日(木)  
集合時間 午前10時
集合場所 中之島(橘島) 枝垂れ桜付近
行 程 集合場所
 ⇒ 朝霧橋 ⇒ 琴坂 ⇒ 興聖寺 ⇒ 朝日山(観音堂) ⇒ 東海自然歩道 ⇒ 志津川 ⇒ 天ヶ瀬吊橋 ⇒ 白川浜 ⇒ 中之島(橘島) (解散・約5Km)
解 散 午
前12時半頃
参加者 一般参加者 36名、 Uji健歩会員 33名  計69名


しだれ桜付近で、顔見知りの方々と「本年もよろしく  お願いします」と新年の挨拶
新年
出発式_矢野会長の挨拶
出発式
2班リーダー久保さんから、今日のコース、注意事項について
リーダー
例会コース
朝日山
ストレッチ体操で、寒さで縮こまった体をほぐして
体操
出発 
スタート
ゆったりと優雅に流れる宇治川を見ながら朝霧橋を渡って行きます
朝霧橋
更に、観流橋を渡って
観流橋
   宇治川・塔の島地区 改修護岸工事(平成28年10月17日~29年6月15日)
     中之島付近の工事、いつまで続くのでしょうか? ここ数年工事ばかり
   塔の島工事
興聖寺前の琴坂を進行
琴坂
琴坂は、細長い坂の形と谷川のせせらぎが琴のように響くことから名づけられたとのこと
琴坂
治山事業の掲示
治山事業
   平成24年8月14日の豪雨被害に対する治山事業  
   治山事業
横には土砂流出防止のダムが見られます
治山ダム
朝日山への登山
朝日山
正月太りした体をスリムに戻るかが?
朝日山

朝日山
頑張りましょう、後少しです
朝日山
124mの山ですよ、大したことは無いでしょう
朝日山
朝日山観音堂へ到着
朝日山観音堂
今年の家内安全、無病息災をお祈り
朝日山観音お参り
五重石塔(供養塔) その横には見晴らしが素晴らしい展望台
供養塔
   宇治市が一望に、遠くは大阪方面が
   朝日山からの展望
   樟葉、男山、西山方面も望めます
   朝日山からの展望
下山 足元に気を付けて
朝日山から下山

東海自然歩道
積もった落ち葉の上を、"かさっ かさっ" と歩くのも心余地のよいものですね
東海自然歩道
急坂です、滑らないように注意して下さい
東海自然歩道
志津川地区へ出てきました
志津川地区到着
信号待ちと列詰めです
志津川地区到着
志津川地区の旧道を、今日の参加者の皆さんです  ①
;例会参加者

志津川

例会参加者

例会参加者

例会参加者

例会参加者

志津川地区
天ヶ瀬ダム再開発工事現場が見えてきました 白虹橋の工事現場
天ヶ瀬ダム工事
   白虹橋の完成、開通も間近のようですね
   昨年の2月に再開発工事現場を見学しました その様子は ここから

    白虹橋
天ヶ瀬吊橋を渡ります
天ヶ瀬吊り橋
これだけの人が渡りますと、けっこう揺れます。 でも大丈夫でした
天ヶ瀬吊り橋
トイレ、水分補給タイムです。 もちろんオヤツも
水分補給タイム
宇治川に沿って、白川浜を歩いています
宇治川白川浜
    対岸には、寒そうに鴨が群なっています
    宇治川
塔の島の喜撰橋へ到着しました
喜撰橋
中之島(橘島)で、3班の森さんから次月の例会案内
次回例会
クールダウンストレッチ     お疲れさまでした
クールダウン

今年の初歩き、お疲れさまでした。
2班の皆様ご苦労さまでした。
次回も宜しく願います。

本年も例会や行事イベントをwebに掲載して行きます。
ホームページ、ブログのご愛好宜しくお願いします。

年賀2017

流れ橋

     よみがえった原風景「流れ橋」を訪ねて


木津川にかかる上津屋橋(通称_流れ橋)は時代劇のロケ地として多く利用されていることは有名です。
「流れ橋」は川が増水すると橋桁が流出する仕組みに作られ、2014年(平成26年)8月9日に台風の影響により流出しました。その後復旧が行われ、今年の3月27日に完成しその形が甦りました。
木津川の清流や周囲に広がる茶畑に溶け込み、原風景として甦った「流れ橋」へと足を運びました。


平成28年12月 9日(金) 
集合時間 午前9時40分
集合場所 さざなみ公園(京阪_八幡市駅付近)
  行  程 さざなみ公園 ⇒ 飛行神社 ⇒ 木津川堤(サイクリングロード) ⇒ 上津屋樋門 ⇒ 四季彩館(昼食・買物) ⇒ 流れ橋(上津屋橋) ⇒ 旦椋神社(解散)  ☞  近鉄_大久保駅


参加者  一般参加者 37名、 会員 30名  計 67名


石清水八幡宮の表参道入口の一の鳥居に会釈して集合場所へ
石清水八幡宮
集合場所のさざなみ公園へ多くの人が参加しています
さざなみ公園
副会長の二木さんより挨拶
さざなみ公園
1班リーダーの内立元さんから今日のコース説明
流れ橋案内
流れ橋
ウォーミングアップで体を温めて出発します
ストレッチ

安居橋
反り橋の「安居橋」を渡り出発
安居橋

安居橋(あんごはし)
八幡の住宅街を進行
飛行神社
飛行神社へ到着
飛行神社

飛行神社
日本で最初に飛行原理を研究した二宮忠八が私財を投じて創建
飛行機による犠牲者や航空業界に多大な影響を与えた方をお祀りしています
飛行神社
木津川の堤へ
木津川
見晴らしが良く、澄みきった、すがすがしい気持ちで
木津川堤
背後には石清水八幡宮の男山やポンポン山
Uji健歩会

Uji健歩会
   木津川やひろびろとした展望
   木津川
簡易トイレ付近での小休止です
小休止

木津川堤防
木津川の堤防から河原へと進んで行きます
木津川河原へ

木津川河原
この辺から茶畑がひろがります
茶畑
上津屋樋門(ひもん)  堤防の中にコンクリートの水路を通し、そこにゲート設置
上津屋樋門
水分補給休憩です
給水休憩
   「必殺仕事人」の藤田まことさんも再三ここで撮影され、石碑を寄贈
     心ない人が石碑を欠けさせて、石を持ち帰るらしい
   流れ橋碑
「流れ橋」へ到着
流れ橋
「流れ橋」に隣接の「四季彩館」へ到着
四季彩館

   四季彩館

    四季彩館

昼食の様子
四季彩館
   農産物直売所
   四季彩館農産物
直売所での買い物
農産物買物
来月の例会コースについて説明するリーダーの久保さん
1月例会
   平成21年10月流出          (四季彩館研修棟掲示から)
   流れ橋流失
   平成23年9月流出
   流れ橋流失
   平成26年8月流出
   流れ橋流失

       流れ橋
広がる茶畑を「流れ橋」へ
茶畑
よみがえった「流れ橋」を渡る
流れ橋
静かに悠々として流れていますが、ひとたび怒りだすと流れ橋に猛威をふるいます
   kz_4670.jpg
陣笠や刀、槍を付ければ、大名行列のようです
流れ橋

木津川
木津川堤の散策も終り帰路へ
木津川
大久保の街中を進行
大久保
解散場所の旦椋(あさくら)神社へ到着 "お疲れさまでした"
旦椋神社
クールダウンで体を整えて疲れを取りましょう
旦椋神社
次月例会への用具の引き渡し(1班⇒2班)
引継ぎ

車や信号、雑踏が無く、自然と向かい合う例会も良いものです。
川沿いの風景に自然を感じながら、ひたすら歩くのも気持ちが良いウォーキングでした。 
担当の1班の皆様お疲れさまでした。
次回も宜しくお願いします。